11月26日はペンの日、由来と雑学を紹介【今日は何の日?】

ペンの日今日は何の日
11月26日の「今日は何の日?」は「ペンの日」です。

スポンサーリンク



11月26日はペンの日

今回は「ペンの日」について解説していきます!
なぜ11月26日が「ペンの日」なのかというと、1935(昭和10)年11月26日に日本ペンクラブが創立されたことが由来となっています。

「ペンの日」については日本ペンクラブによって制定された記念日となります。
「ペンクラブ」という団体については「文学を通じて諸国民の相互理解を深め、表現の自由を擁護する」ための国際的な文学者の一般社団法人になります。

また「平和を希求し、表現の自由に対するあらゆる形の弾圧に反対するとの精神に賛同する」という考え方を掲げて活動する団体でもあります。
ペンクラブによるとペンについて、PENのPが詩人(Poets)と劇作家(Playwrights)、Eが随筆・評論家(Essaists)と編集者(Editors)、Nが小説家(Novelists)に由来しているとしています。

ペンクラブの初代会長についてはロマン主義詩人であり、小説家でもある島崎藤村が務めていたそうです。
現在でも文字によっての表現の幅が広がって、インターネットを使って文字の表現をすることが出来るようになりましたね。

ブログについても文字を書き起こすことによって様々な考えを発信する場であるため、一般人からスポーツ選手、芸能人もブログやSNSなどを使って様々な表現を文字を使ってしていることになります。

スポンサーリンク



ペンの雑学

今回は「ペンの日」にちなんで「ペンの雑学」を紹介します。

赤ペンを使うと成績が下がる

勉強をしている時にノートの重要な部分を赤ペンで記入したり、解き終わった問題の採点をする時にも赤ペンは欠かせないものですが、赤ペンを使うと成績が下がってしまうって知っていましたか?
心理学教授であるアンドリュー・エリオットと研究者であるダニエラ・ニエスタの研究によって以下の実験が行われました。

冊子の表紙が赤いものとグレーのものを用意して、赤とグレーでグループ分けを簡単な問題を解いてもらう実験を行いました。
その結果、なんと赤の表紙を配られた方のグループの成績が低くなるという結果が出たのです。

赤という色には物事を避けさせたり潜在的に危険を伝えて避けさせたりするなど、人間を消極的にさせる効果があることがわかっています。
そのため、赤ペンであったり赤いものが視界に入ってくると、勉強など頭を使う作業に影響が出てしまうのです。

そのため、試験を受ける時には赤いペン以外にも赤いものを身につけないなど、試験中に赤いものを見ないようにしましょう。

ボールペンや鉛筆の寿命の長さはどれぐらい?

ボールペンは使い続けることによっていつかインク切れを起こして使えなくなってしまいますよね。
また、ボールペンと比べて鉛筆はかなり寿命が長いように感じますが、実際にこの二つの寿命はどれぐらいの長さがあるのでしょうか?

ボールペンの寿命の長さはメーカーによってかなり差があるようで、最短のものでは100メートルほど書いたらインクが切れてしまうそうです。
しかし、最長では5000メートルも書ける種類のボールペンもあります。

それに比べて鉛筆の寿命は標準的な長さの17.2cmのもので、なんと50kmも書き続けることができるそうです。
これは機械に鉛筆をつけてひたすら円を書き続ける実験の結果によってわかったものですが、正直なところ50kmも書ききる前に鉛筆を無くしてしまいそうですよね。

以上がペンの雑学でした、いかがでしたか?

毎日が「今日は何の日?」

■今日は何の日?(11月26日)
いい風呂の日
ペンの日

■明日は何の日?(11月27日)
ノーベル賞制定記念日

■昨日は何の日?(11月25日)
OLの日
ハイビジョンの日

スポンサーリンク



フォローする