11月27日は更生保護記念日、由来と雑学を紹介【今日は何の日?】

更生保護記念日今日は何の日
11月27日の「今日は何の日?」は「更生保護記念日」です。
また「更生保護記念日」にちなんで「ムショは刑務所の略ではない」「実は服役中の囚人にも給料が支払われる」など刑務所にまつわる面白い雑学を紹介します。

今日は何の日?

11月21日は…

他にも365日分の記念日1000個以上の雑学を紹介していますので、朝礼やスピーチのネタとしてご活用ください。

【今日は何の日?】365日雑学カレンダー!朝礼やスピーチのネタ帳
今日は何の日?という疑問をカレンダー形式で面白い雑学と一緒に紹介します。 朝礼やスピーチのネタなどに使える365日分の記念日と1000...
スポンサーリンク

11月27日は更生保護記念日

今回は「更生保護記念日」について解説していきます!
なぜ11月27日が「更生保護記念日」なのかというと、1952(昭和27)年11月27日に東京・日比谷で更生保護大会が開かれたことが由来となっています。

更生保護大会が開かれたことを記念して、9月13日の「司法保護記念日」や4月17日の「少年保護デー」を統合して制定されることとなりました。
この記念日については「刑務所から出所してきた人たちに更生の道を開く」ということを目的とした記念日となっています。

いくら罪を犯してしてしまったとしても、ちゃんと罪を償って服役を終えて更生した人であれば、社会へと復帰してほしいですよね。
人間は誰もが大なり小なりの過ちを犯しますから、一度でも罪を犯してしまえば社会復帰できなくなる世の中になってしまうと、更生や社会復帰の機会を奪ってしまいかねません。

日本は世界の国々と比べてみても治安が良いことで有名となっています。
昔に比べれば日本も遙かに犯罪の数が減ってきていますが、それでも毎日のように犯罪は起きています。

犯罪がゼロになることが一番好ましいですが、現実的には不可能だと思いますので、犯罪者が更生の道を歩んで、正しく社会復帰して社会に貢献できるような世の中になっていけばいいですよね。

スポンサーリンク

刑務所の雑学

今回は「更生保護記念日」にちなんで「刑務所の雑学」を紹介します。

ムショは刑務所の略ではない

「ムショ」と聞けば皆さんは何の略だと思いますか?
おそらくほとんどの人が「刑務所」を略したものが「ムショ」になったと思っていますが、実は違うって知っていましたか?

そもそも「刑務所」という言葉が出来たのは1922年のことであり、「ムショ」という言葉はそれ以前より使われていたそうなんです。
刑務所についてはもともとは「監獄」と呼ばれていて、「監獄」のことを「ムショ」と呼んでいたんですね。

なぜ「ムショ」と呼ばれるようになったのかというと、当時の監獄に服役中の囚人に与えられる食事は麦が6割で米が4割の麦飯でした。
囚人たちが「6割4割の配分の麦飯を食べる人の集まり」だったということから「六四(むし)よせば」という言葉が誕生し、やがてそれを省略して「ムショ」と呼ぶようになったのです。

また、江戸時代のころには監獄が虫を捕まえておくカゴのように見られていた事から「虫寄場」とも呼ばれていた時期もあったそうで、これも「ムショ」の由来となっているそうです。

実は服役中の囚人にも給料が支払われる

服役中の囚人が刑務所の中で何を行っているか知っていますか?
よく「懲役○○年」という言葉をニュースで耳にするかと思いますが、懲役とは「懲らしめて役を与える(仕事を与える)」という意味であり、刑務所内で仕事をしているんです。

その仕事内容は軽作業から専門的な作業まで様々なものがありますが、無償で働くのではなく仕事の内容に応じて賃金が支払われています。
しかし、もちろんですがかなりの低賃金となっていて、刑務所に服役を始めて最初の頃は月給が500~600円程度にしかならないそうです。

9等工~1等工という順番で昇格していきますが、1番上の1等工になったとしても月給は5千円程度にしかなりません。
労働時間は8時間に決まっていて残業が無くて土日祝日は確実に休みですが、あまりに低賃金で進んで働きたくはならないですよね。

以上が刑務所の雑学でした、いかがでしたか?

毎日が「今日は何の日?」

あなたやあなたの大切な人の誕生日は何の記念日ですか?

【今日は何の日?】365日雑学カレンダー!朝礼やスピーチのネタ帳
今日は何の日?という疑問をカレンダー形式で面白い雑学と一緒に紹介します。 朝礼やスピーチのネタなどに使える365日分の記念日と1000...

■今日は何の日?(11月27日)
ノーベル賞制定記念日
更生保護記念日

■明日は何の日?(11月28日)
税関記念日
太平洋記念日

■昨日は何の日?(11月26日)
いい風呂の日
ペンの日

スポンサーリンク

フォローする