11月28日は税関記念日、由来と雑学を紹介【今日は何の日?】

税関記念日今日は何の日
11月28日の「今日は何の日?」は「税関記念日」です。
また「税関記念日」にちなんで「世界で最も高額なお札はいくら?」「1円玉は作ると赤字になる」などお金にまつわる面白い雑学を紹介します。

今日は何の日?

9月26日は…

他にも365日分の記念日1000個以上の雑学を紹介していますので、朝礼やスピーチのネタとしてご活用ください。

【今日は何の日?】365日雑学カレンダー!朝礼やスピーチのネタ帳
今日は何の日?という疑問をカレンダー形式で面白い雑学と一緒に紹介します。 朝礼やスピーチのネタなどに使える365日分の記念日と1000...
スポンサーリンク

11月28日は税関記念日

今回は「税関記念日」について解説していきます!
なぜ11月28日が「税関記念日」なのかというと、1872年11月28日に長崎、横浜、函館に設けられていた外国との貿易を扱う「運上所」が「税関」に統一されたことが由来となっています。

「税関記念日」については大蔵省(現財務省)によって1952(昭和27)年に制定された記念日となります。
11月28日の「税関記念日」を中心として、税関の役割や業務についての理解を得るために、密輸がどのように行われているのか手口を公開したり、麻薬探知犬によるデモンストレーションなど、税関にまつわるイベントが実施されているそうです。

確かに「税関」が普段どのような仕事をしているのかと言われると、あまりピンとこないかもしれませんね。
税関は関税や内国消費税の徴収を行ったり、輸出や輸入の通関や密輸の取り締まり保税地域の管理などを行っている行政の機関になります。

国によって税金の仕組みが違いますし、国際的に物流を行う際には必須の機関となっています。
もちろん日本以外にも税関と同様の機関が存在していて、税関に関連する国際機関として、世界税関機構というものも存在しています。

アメリカやフランスでは出入国管理であったり国境の警備なども税関が行っていて、国によって税関の業務の範囲は異なっています。

スポンサーリンク

お金の雑学

今回は「税関記念日」にちなんで「お金の雑学」を紹介します。

世界で最も高額なお札はいくら?

日本で一番高額な紙幣は一万円札となっていますが、世界にはもっと桁の大きい紙幣が存在していたって知っていましたか?
世界に存在していた紙幣の中でも最も高額だったものはハンガリーで1946年に印刷された紙幣であり、なんとその金額は「10垓ペンゲー」だったそうです。

この「」という単位はほとんど耳馴染みがないもので、どれぐらいの桁になるのかというと「10の21乗」であり、つまり「1000000000000000000000」となります。
桁は「億→兆→京→垓」と上がり、まだ一般的である兆に比べても圧倒的に大きい桁であることがわかりますよね。

なぜここまで高額な紙幣が作られたのかというと、当時は第二次世界大戦が終結したばかりであり、ハンガリーでは物価が異常に高騰してしまう「ハイパーインフレーション」という現象が起こっていたためなのでした。

1円玉は作ると赤字になる

日本には「1円玉」「5円玉」「10円玉」「50円玉」「100円玉」「500円玉」など色々な種類の硬貨があります。
この中で「1円玉」については実は作れば作るほど赤字になるって知っていましたか?

「1円玉」の材料はアルミニウムとなっていますが、このアルミニウムの価格が高騰してしまっているせいで、「1円玉」を製造すると赤字になってしまうのです。
ちなみに、「1円玉」を作るのにかかる原価は「2~3円」となっているそうです。

海外でも同様の事態が起きている国もあり、イギリス、オランダ、ブラジル、オーストラリア、スイスなどの国では原価を下回る硬貨についてはし製造を中止する措置をとっています。
以上がお金の雑学でした、いかがでしたか?

毎日が「今日は何の日?」

あなたやあなたの大切な人の誕生日は何の記念日ですか?

【今日は何の日?】365日雑学カレンダー!朝礼やスピーチのネタ帳
今日は何の日?という疑問をカレンダー形式で面白い雑学と一緒に紹介します。 朝礼やスピーチのネタなどに使える365日分の記念日と1000...

■今日は何の日?(11月28日)
税関記念日
太平洋記念日

■明日は何の日?(11月29日)
いい肉の日
いい服の日

■昨日は何の日?(11月27日)
ノーベル賞制定記念日

スポンサーリンク

フォローする