11月28日は太平洋記念日、由来と雑学を紹介【今日は何の日?】

太平洋記念日今日は何の日
11月28日の「今日は何の日?」は「太平洋記念日」です。

スポンサーリンク



11月28日は太平洋記念日

今回は「太平洋記念日」について解説していきます!
なぜ11月28日が「太平洋記念日」なのかというと、1520年11月28日にポルトガルの航海者マゼランが、後に「マゼラン海峡」と命名される南米大陸南端の海峡を通過して太平洋に出たことが由来となっています。

なぜ「太平洋」と命名されたのかというと、マゼランが航行している時に天候が良く平和な日が続いたことが由来となっており、この海をPacific Ocean(平和な・穏やかな大洋=「太平洋」)と名付けたのでした。
マゼラン自身はフィリピンで原住民によって殺されるという最期を遂げましたが、彼の船は初めて世界を一周して帰国し、地球が丸いことを証明したのでした。

マゼランの航海は1519年に始まったもので、スペイン王の信任を得てスペイン船5隻の艦隊を率いてスペインのセビリアを出発しました。
途中で亡くなってしまったことからマゼラン自身が世界一周航行を成し遂げたわけではありませんが、この航海は1522年には世界一周を達成し、後にこの艦隊は「マゼラン艦隊」として名を残したのでした。

当時の船旅は現在とは比べ物にならないぐらい過酷なものであり、食糧などもすぐに腐ってしまうことから命懸けの航海だったそうです。
昔の技術で世界一周を成し遂げたのは凄い偉業ですよね。

スポンサーリンク



海の雑学

今回は「太平洋記念日」にちなんで「海の雑学」を紹介します。

海が青く見える理由

海が青いのは誰の目から見ても常識ですが、海水を実際に手ですくってみたり、ペットボトルの中に入れたりして見てみると無色透明ですよね。
それでは、なぜ海が青く見えているのでしょうか。

実は海水が青く見えているのは光の波長に関係があるのです。
海水に太陽光が差し込むと、その光は海水に吸収されることによって段々と弱くなっていきます。

波長が長い光ほど海水に吸収されやすく逆に波長の短い光はあまり変化しないようになっています。
青い光の波長は短いため海水によって吸収されず、その青い光が海水に含まれるプランクトンや泥といった様々なものに反射されて、海が青く見えているんですね。

逆に海水が波長が短い光を吸収しやすく、波長の長い光を吸収しなかった場合には、海は青色ではなく赤色だったかもしれないのです。

海の満ち引きはどうして起こる?

海は時間帯によっては満潮を迎えることによって海面が高くなったり、逆に干潮を迎えるころには海面が低くなりますよね。
お風呂などのお湯は時間帯によって水面の高さが変わるわけではないですし、なぜ海面の高さは時間帯によって変わるのでしょうか。

実は地球外にある月の引力が関係して海面の高さが変わって満ち引きしているのです。
月の引力の影響を最も受ける時間帯には月の引力によって海面が持ち上がって高くなり、逆に月の引力の影響が少ない時間帯には海面が低くなっているんですね。

更に、実は太陽の引力による影響も受けているため、地球と月と太陽が一直線に並んだときには月と太陽の両方の引力の影響を最大に受けるため、海面が最も高くなる日となるのです。
以上が海の雑学でした、いかがでしたか?

毎日が「今日は何の日?」

■今日は何の日?(11月28日)
税関記念日
太平洋記念日

■明日は何の日?(11月29日)
いい肉の日
いい服の日

■昨日は何の日?(11月27日)
ノーベル賞制定記念日

スポンサーリンク



フォローする