12月1日はカイロの日、由来と雑学を紹介【今日は何の日?】

カイロの日今日は何の日
12月1日の「今日は何の日?」は「カイロの日」です。

スポンサーリンク



12月1日はカイロの日

今回は「カイロの日」について解説していきます!
なぜ12月1日が「カイロの日」なのかというと、12月1日がカイロの需要が高くなる時期である12月の最初の日であることが由来となっています。

「カイロの日」については日本使いすてカイロ同業会(現在の日本カイロ工業会)によって1991(平成3)年に制定された記念日となります。
冬の寒い時期が苦手という人にとってはカイロは重宝するアイテムであり、ポケットに入れていたりインナーに貼り付けているという人も多いのではないでしょうか。

カイロの長い歴史と由来

そんな日本人に愛されるカイロは実は日本生まれのものだったって知っていましたか?
実はカイロの歴史はとても古く、現在のカイロのルーツとなったものは江戸時代に石を温めてから懐に入れていた「温石(おんじゃ)」だとされています。

これが明治時代になると麻殻や殿炭粉を練って袋に詰めて、それを容器の中で燃やすという「懐炉灰」になりました。
そして大正時代には更なる進化を遂げて、ペンジンの気化ガスと白金のの触媒作用を使って熱を発生させる「ベンジンカイロ」が登場しました。

戦後には朝鮮半島で戦う米軍が鉄の粉と食塩によって熱を発生させる保温具を使っていた事をヒントにして、日本人が現在のカイロを発明します。
そして、1978年に使い捨てカイロが発明されると、それまで利用されていたペンジンカイロに代わって一気に普及していったのです。

スポンサーリンク



カイロの雑学

今回は「カイロの日」にちなんで「カイロの雑学」を紹介します。

カイロを素早く温める方法

カイロをポケットなどに入れて温めておくと寒くて手がかじかんでいる時にとても重宝しますが、難点があるとすれば温まるのに時間がかかってしまうところですよね。
寒くてすぐに温まりたいのに時間がかかってしまうのは嫌だと思いますので、カイロを素早く温める方法を紹介します。

まずはカイロの温まる原理についてですが、カイロには「鉄粉」「水」「活性炭」「バーミキュライト」「塩類」が入っています。
鉄が酸化して酸化鉄となった場合には熱が発生するのですが、カイロその原理を利用して熱を生みだしているのです。

鉄粉以外に入っているものは鉄を酸化させるものであったり、鉄の酸化を早めるものとなっています。
つまり、カイロを素早く温めるためには鉄の酸化を早めるという事が必要なため、自分の息を吹きかけたり、カイロを振ることによって酸素を送りこめば素早く温まるのです。

カイロは最初にお菓子メーカーから発売された

ロッテといえばお菓子メーカーとして有名な企業ですが、実は使い捨てカイロを最初に発売したのはなんとロッテなのです。
元々は九州地区限定で販売されていた「アッタカサン」というものを、「ロッテ電子工業(現ロッテ健康産業)」が改良を加えることによって使い捨てカイロを作ったのでした。

そして、ロッテから「ホカロン」という商品名で全国で発売され、これが大ヒットを呼び使い捨てカイロが全国的に知られるようになりました。
「ロッテのカイロあったかいね」というCMのフレーズがとても話題を呼んだことで、売れ行きが急速に伸びることとなったようです。

以上がカイロの雑学でした、いかがでしたか?

毎日が「今日は何の日?」

■今日は何の日?(12月1日)
世界エイズデー
映画の日
手帳の日
カイロの日

■明日は何の日?(12月2日)
日本人宇宙飛行記念日

■昨日は何の日?(11月30日)
本みりんの日
絵本の日

スポンサーリンク



フォローする