12月4日は血清療法の日、由来と雑学を紹介【今日は何の日?】

血清療法の日今日は何の日
12月4日の「今日は何の日?」は「血清療法の日」です。

スポンサーリンク



12月4日は血清療法の日

今回は「血清療法の日」について解説していきます!
なぜ12月4日が「血清療法の日」なのかというと、1890(明治23)年12月4日に北里柴三郎とエミール・ベーリングが破傷風とジフテリアの血清療法の発見を発表したことが由来となっています。

血清療法は一般的な言葉ではありませんが、抗体のある血清を患者に注射することによって体内に入った毒素を中和して無力化するといった治療方法になります。
この血清療法を発見した功績が評価された結果、エミール・ベーリングは第1回ノーベル生理学・医学賞を受賞しました。

また、北里柴三郎に関してもその後はペスト菌を発見するなどの功績を残していて、現在でも「日本近代医学の父」と呼ばれているほど医学の礎を築いた人物なのです。
梅毒や黄熱病について研究を進めていた野口英世についても、北里柴三郎が所長を務めていた日本初の伝染病研究所に助手として働いていたそうです。

先進国では既に発症例があまり見られなくなった破傷風ですが、発展途上国などでは年間で数十万人から百万人ほどが亡くなっている恐ろしい病気となっています。
破傷風になるとその死亡率は50%となっていて、医療が発展していない地域では致死率は更に高くなります。

血清療法が発見されるまでは破傷風の犠牲になる人はとても多かったことから、この発見がいかに偉大であるかがわかりますよね。

スポンサーリンク



血液の雑学

今回は「血清療法の日」にちなんで「血液の雑学」を紹介します。

血液型がABC型ではなくABO型の理由

血液型といえばABO型であることが一般的でありますが、誰もが一度はなぜABC型ではなくABO型なのかと不思議に思ったことがあるはずです。
なぜABO型になったのかというと、原因が勘違いにあったとされているのです。

血液型についてはオーストリアの医学者カール・ラントシュタイナーによって1901年に発見されたものとなります。
血液型の研究を進める中で三種類に分けられることが判明し、その時にはABCの3種類に分類されていました。

その翌年にはウィーン大学のデカストロとストウリルによってAB型が発見されて、血液型は4種類になりました。
そして、C型の血液の性質は「AとBのいずれの抗原物質ももたない」ということから「0型(ゼロ)」と呼ばれていました。

やがて文書に「0型」が印刷されるようになり、「0型(ゼロ)」が「O型(オー)」と間違えられるようになって、現在のようにABO型とされるようになったのでした。

血液が流れる速度は新幹線並である

人間に血液が流れているのは当たり前の話ですよね。
しかしその速さについて考えたことはあるでしょうか。

実は人間の体内を巡っている血液は新幹線程の速度で流れているのです。
心臓から送り出された血液がまた心臓に戻ってくるまでが約25秒と言われており、それを速度に換算すると時速216kmにもなります。

心臓は一日に10トンもの血液を送り出しており、その血液が通る血管の長さは10万kmにもなります。
普段何気なく生活をしている私たちですが、身体の中はこんなにもせわしく働いてくれていたのです。

通常運転でも大変な思いをしている心臓に、あまり負荷をかけないよう健康に気を使っていかなければなりませんね。
以上が血液の雑学でした、いかがでしたか?

毎日が「今日は何の日?」

■今日は何の日?(12月4日)
血清療法の日
E.T.の日

■明日は何の日?(12月5日)
国際ボランティアデー

■昨日は何の日?(12月3日)
カレンダーの日
奇術の日
みかんの日

スポンサーリンク



フォローする