12月6日は音の日、由来と雑学を紹介【今日は何の日?】

音の日今日は何の日
12月6日の「今日は何の日?」は「音の日」です。
また「音の日」にちなんで「世界のピアノは黒色ではない」「なぜピアノで音が小さいという意味なのか」など音楽にまつわる面白い雑学を紹介します。

今日は何の日?

11月22日は…

他にも365日分の記念日1000個以上の雑学を紹介していますので、朝礼やスピーチのネタとしてご活用ください。

【今日は何の日?】365日雑学カレンダー!朝礼やスピーチのネタ帳
今日は何の日?という疑問をカレンダー形式で面白い雑学と一緒に紹介します。 朝礼やスピーチのネタなどに使える365日分の記念日と1000...
スポンサーリンク

12月6日は音の日

今回は「音の日」について解説していきます!
なぜ12月6日が「音の日」なのかというと、1877年12月6日にエジソンが自ら発明した蓄音機で音を録音・再生することに成功したことが由来となっています。

「音の日」については日本オーディオ協会によって1994(平成6)年に制定された記念日となります。
エジソンは世界で初めて蓄音器というものを発明したとして知られていますが、実はエジソンよりが開発するよりも前に蓄音器は発明されていたのを知っていましたか?

世界最古の音を記憶する装置は、1857年にフランス人のエドゥアール=レオン・スコット・ド・マルタンヴィルによって発明された「フォノトグラフ」だとされています。
フォノトグラフ」については音を波形にして記録する装置だったのですが、音を再生することは出来ませんでした。

そこでエジソンなどによって改良を加えられた結果として、レコードやその再生専用機器が発明されることになったのです。
つまり、エジソンは蓄音器を用いて音楽を録音・再生を実用化する段階までもっていった人物だったんですね。

ちなみに、エジソンの蓄音器による録音・再生の実験によって初めて録音された楽曲は「メリーさんのひつじ」だったそうです。

スポンサーリンク

音楽の雑学

今回は「音の日」にちなんで「音楽の雑学」を紹介します。

世界のピアノは黒色ではない

皆さんはピアノの色を想像するとしたら何色をイメージするでしょうか。
日本ではピアノといえばあのツヤのある「黒色」であることが当たり前となっていますが、実は世界的に見るとピアノが黒色ではない国がたくさんあるそうです。

世界規模で見ていくとピアノの一般的なカラーは「茶色」となっていて、木材にニスを塗って加工をしたものであり、日本のものとは違って木目模様の茶色をしているピアノが主流となっているのです。
なぜ世界では木目模様の茶色が主流なのに対して日本では黒色のピアノが使われているのかというと、黒色に塗る事によって高級感を出すためです。

ピアノは高級品であったことから、ピアノを演奏する目的で買われるものではなく、お金持ちのステータスとしてピアノを購入する人がとても多かったそうです。
そのことから、購買層のお金持ちの人の購買意欲をさらにくすぐるために、高級感のある黒色のピアノが生産されるようになり、黒色のピアノが主流となっていったのでした。

なぜピアノで音が小さいという意味なのか

音楽の授業で習ったかと思いますが、音楽記号で音の強弱を表現する時には「ピアノ」「メッゾピアノ」「メッゾフォルテ」「フォルテ」などといった記号を使いますよね。
「ピアノ」については「弱く」という意味になりますが、そもそもピアノ自体が楽器の名前なのにも関わらず、音楽記号として登場するのも不思議ですよね。

これについてはピアノが存在しない時代にはチェンバロと呼ばれる鍵盤楽器が主流となっていて、チェンバロは鍵盤を叩く強さで音の強弱をつけられなかったことに由来しています。
ピアノは鍵盤をたたく強さによって、ハンマーが弦を叩く強さも変わるため強弱がつけられる仕組みになっています。

この強弱がつけられる鍵盤楽器であるという理由から、開発当初は「ピアノフォルテ」という名前で売り出されていました。
しかし、やがて名前が省略されてしまって「弱く」という意味のピアノだけが残ったのでした。

以上がピアノの雑学でした、いかがでしたか?

毎日が「今日は何の日?」

あなたやあなたの大切な人の誕生日は何の記念日ですか?

【今日は何の日?】365日雑学カレンダー!朝礼やスピーチのネタ帳
今日は何の日?という疑問をカレンダー形式で面白い雑学と一緒に紹介します。 朝礼やスピーチのネタなどに使える365日分の記念日と1000...

■今日は何の日?(12月6日)
姉の日
音の日
シンフォニー記念日

■明日は何の日?(12月7日)
大雪(二十四節気)
クリスマスツリーの日

■昨日は何の日?(12月5日)
国際ボランティアデー

スポンサーリンク

フォローする