12月6日はシンフォニー記念日、由来と雑学を紹介【今日は何の日?】

シンフォニー記念日今日は何の日
12月6日の「今日は何の日?」は「シンフォニー記念日」です。
また「シンフォニー記念日」にちなんで「担当する楽器によって給料は違う?」「ティンパニに頭から突っ込む曲がある」などオーケストラにまつわる面白い雑学を紹介します。

今日は何の日?

9月26日は…

他にも365日分の記念日1000個以上の雑学を紹介していますので、朝礼やスピーチのネタとしてご活用ください。

【今日は何の日?】365日雑学カレンダー!朝礼やスピーチのネタ帳
今日は何の日?という疑問をカレンダー形式で面白い雑学と一緒に紹介します。 朝礼やスピーチのネタなどに使える365日分の記念日と1000...
スポンサーリンク

12月6日はシンフォニー記念日

今回は「シンフォニー記念日」について解説していきます!
なぜ12月6日が「シンフォニー記念日」なのかというと、1914(大正3)年12月6日にベルリンから帰国した山田耕筰が、初の日本人の作曲による交響曲「かちどきと平和」を発表したことが由来となっています。

山田耕筰は明治時代から昭和時代にかけて活躍した日本の作曲者、指揮者であり日本語の抑揚を生かすようなメロディーの楽曲を数多く世に生みだしています。
当時の日本ではまだ西洋音楽などはあまり根付いていなかったものの、管弦楽団を作るなどしてその普及に努めていました。

日本国内での音楽活動にのみならず、ニューヨークのカーネギー・ホールで自身が作曲を手がけた管弦楽曲を演奏したり、ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団やレニングラード・フィルハーモニー交響楽団等の指揮を担当するなど、国際的にも活動の幅を広げていました。
西洋の音楽家は欧米では知られていたものの、日本人音楽家を知る人はほとんどいなかったため、世界で活動する日本人音楽家の先駆け的な存在となりました。

また、作曲のジャンルの幅もとても広く、交響曲意外にも歌曲や童謡、オペラ、英が音楽、ピアノ曲、合唱曲、軍歌、校歌など様々なジャンルでその才能を発揮したのでした。

スポンサーリンク

オーケストラの雑学

今回は「シンフォニー記念日」にちなんで「オーケストラの雑学」を紹介します。

担当する楽器によって給料は違う?

オーケストラを構成する楽器として弦楽器や管楽器、打楽器など様々な種類の楽器がありますが、それぞれの楽器の給料事情はどうなっているかを知っていますか?
見せ所の多いバイオリンなどの弦楽器や、肺活量が必要そうでつかれる管楽器に比べて、シンバルなどの打楽器は少し簡単そうな印象を受けてしまいますよね。

演奏の難易度によってその給料に違いがあるように思うかもしれませんが、実はどの楽器を演奏していても給料に格差はなく同じだけ給料がもらえるそうです。
そもそもシンバルなどの打楽器は素人には簡単に見えているかもしれませんが、バイオリンやトランペットなどと同じように高い技術が要求され、素人とプロの鳴らした音には雲泥の差が出るそうです。

登場頻度も少ないことから、他の楽器よりもミスをできないというプレッシャーは大きくのしかかるでしょう。

ティンパニに頭から突っ込む曲がある

オーケストラには様々な楽曲があり、作曲家によって特徴があって聴いててあきないですよね。
そんなオーケストラには特徴のありすぎる曲が存在しているのです。

その曲はマウリシオ・ラウル・カーゲルによって作曲された「ティンパニとオーケストラのための協奏曲」という曲なのですが、曲の最後にティンパニの中に奏者が頭から突っ込むのです。
決してテンションが上がったティンパニ奏者がたまたまこのようなことをしたのではなく、楽譜でティンパニに飛び込むことが指示されているんですね。

カーゲルの音楽はパフォーマンス的な性格が強いことで知られていて、社会的批判であったり皮肉を備えたハプニング的要素が特徴となっています。
他にも「フィナーレ」という曲でも「指揮者が倒れる」ということが指示されています。

以上がオーケストラの雑学でした、いかがでしたか?

毎日が「今日は何の日?」

あなたやあなたの大切な人の誕生日は何の記念日ですか?

【今日は何の日?】365日雑学カレンダー!朝礼やスピーチのネタ帳
今日は何の日?という疑問をカレンダー形式で面白い雑学と一緒に紹介します。 朝礼やスピーチのネタなどに使える365日分の記念日と1000...

■今日は何の日?(12月6日)
姉の日
音の日
シンフォニー記念日

■明日は何の日?(12月7日)
大雪(二十四節気)
クリスマスツリーの日

■昨日は何の日?(12月5日)
国際ボランティアデー

スポンサーリンク

フォローする