2017年12月7日は大雪、由来と雑学を紹介【今日は何の日?】

大雪今日は何の日
12月7日の「今日は何の日?」は「大雪」です。

スポンサーリンク



12月7日は大雪

今回は「大雪」について解説していきます!
大雪」とは「たいせつ」と読み、二十四節気の一つとなります。

二十四節気」という言葉を聞いてもピンとこないという人はおおく、あまり知られていない日本語かもしれませんね。
しかし、日本には季節を表現するための暦がたくさん存在していて、「二十四節気」についても季節を表現するための暦の一つなんです。

日本には「四季」のような言葉があってこれは春夏秋冬のように四つの季節を表現するための言葉ですが、「二十四節気」については更に季節を細かく表現することが出来るのです。
二十四節気」は一年間を二十四に分けることで、四季よりもさらに細かく季節の移り変わりをわかるようにしたものだと考えてもらえばわかりやすいです。

「二十四節気」以外にも更に季節を細かく表す「七十二候」や、「雑節」「五節句」といった暦もあります。
「大雪」についてどのような季節なのかというと「雪が激しく降り始めるころ」とされていて、「暦便覧」によると「雪いよいよ降り重ねる折からなれば也」とされています。

「大雪」は二十四節気の中でもそこそこの知名度がありますが、もっと有名なものには祝日にもなっている「春分」「秋分」や、日照時間が最も長くなる「夏至」、日照時間が最も短くなる「冬至」などがあります。
12月17日から「大雪」が始まり、次の二十四節気である「冬至」を迎えるまでの期間が「大雪」となっています。

スポンサーリンク



冬の雑学

今回は「大雪」にちなんで「冬の雑学」を紹介します。

凍った道でころばない方法

冬の凍った路面を歩くのはツルツルと滑ってしまってとても危ないですよね。
毎年ニュースで凍った路面で滑って転んでしまい、お尻の骨を折ってしまったりする人が報道されています。

そんな凍った路面でも滑って転ばなくなる方法を紹介します。
まず、よく「ペンギン歩き」といった言い方をしますが、このペンギン歩きがとても重要で、靴の裏全体を使ってしっかりと路面を踏むことが大事になります。

凍った路面に向かってななめに足をおろすとその方向に滑ってしまうため、路面に対して垂直に靴の裏全体でしっかりと踏みしめることが重要です。
また、身体自体の重心は前に置くようにしましょう。

転ぶパターンとしては後ろに転んで尻もちをついてしまうパターンがとても多いですよね。
これは重心が後ろにあるからで、少し前かがみになっていつもよりも少しだけ重心を前に置くことを意識してください。

更に歩幅を短くすることでかなり安定して歩くことが出来ます。
凍った路面を歩く時にはぜひ以上の事を意識してみてくださいね。

雪って食べても大丈夫なの?

真っ白に降り積もった雪を見ると、かき氷みたいで食べてみたくもなりますよね。
実際に子供のころに雪を食べてみた人もいるかもしれませんが、実は雪を食べるのはあまり良くないと言われています。

というのも、雪は空気中の塵を核として、その周りの水分が結晶化して出来ています。
その雪の核である塵には、汚染物質も含まれている可能性があるのです。

また、「酸性雨」という言葉があるように、「酸性雪」も存在するのです。
石炭や石油などの燃料から出た酸性物質は大気汚染の原因ともなっており、それが雨や雪となって空から降ってきていると考えたら少しぞっとしますよね。

雨を飲んでみようと思わないのと同じで、雪もそれなりに汚いのです。
今はPM2.5など大気汚染が深刻化する中なので、あまり口にしない方が良さそうです。

以上が雪の雑学でした、いかがでしたか?

毎日が「今日は何の日?」

■今日は何の日?(12月7日)
大雪
クリスマスツリーの日

■明日は何の日?(12月8日)
レノンズデー
針供養

■昨日は何の日?(12月6日)
姉の日
音の日
シンフォニー記念日

スポンサーリンク



フォローする