12月9日は国際腐敗防止デー、由来と雑学を紹介【今日は何の日?】

国際腐敗防止デー今日は何の日
12月9日の「今日は何の日?」は「国際腐敗防止デー」です。
また「国際腐敗防止デー」にちなんで「世界の汚職が少ない国ランキング」「日本書紀にも賄賂が登場する」など汚職にまつわる面白い雑学を紹介します。

今日は何の日?

11月25日は…

他にも365日分の記念日1000個以上の雑学を紹介していますので、朝礼やスピーチのネタとしてご活用ください。

【今日は何の日?】365日雑学カレンダー!朝礼やスピーチのネタ帳
今日は何の日?という疑問をカレンダー形式で面白い雑学と一緒に紹介します。 朝礼やスピーチのネタなどに使える365日分の記念日と1000...
スポンサーリンク

12月9日は国際腐敗防止デー

今回は「国際腐敗防止デー」について解説していきます!
なぜ12月9日が「国際腐敗防止デー」なのかというと、2003(平成15)年12月9日にメキシコのメリダ会議で「国連腐敗防止条約」が調印されたことが由来となっています。

「国連腐敗防止条約」については「腐敗や資金洗浄など経済犯罪の防止、公務員の贈収賄、横領など汚職・腐敗行為の防止、民間セクターでの腐敗対策」という事を目的とした条約となっています。
この日にはこうした汚職や腐敗などを撲滅する呼びかけが行われているそうです。

日本でも政治的な腐敗などがたびたび問題となっていますよね。
公私を混同することによって公権力を私的利益のために利用したりする政治家が一定数いて、これが表面化するとメディアでは連日それが取り上げられるようになります。

記憶に新しいものでいうと舛添要一氏が政治資金を家族旅行などのために私的に流用したり、公用車を政務以外にも利用していたという疑惑などがありますよね。
また、号泣会見で話題となった野々村竜太郎氏についても1年に200回ほど日帰り出張を繰り返し、その費用を政務調査費から支出されていたことが問題視されていました。

どんな世界にも汚職というものはありますが、税金が私的に流用されたりすることは絶対に納得が出来ないですよね。

スポンサーリンク

汚職の雑学

今回は「国際腐敗防止デー」にちなんで「汚職の雑学」を紹介します。

世界の汚職が少ない国ランキング

実は世界には「汚職の少ない国ランキング」というランキングが存在しているって知っていましたか?
「Transparency International」というNGOによって1995年から始まって、それからは毎年調査が行われているのです。

それでは、世界で汚職が少ない国とされている国がどこなのかというと、2016年の1位は「ニュージーランド」でした。
ニュージーランドは汚職の少ない国として何度もランキング1位を取っている国なんですね。

なぜニュージーランドにここまで汚職が無いのかというとまだまだ「歴史が浅い国」であることが理由となっているそうです。
また、ニュージーランドに移住してきた人で政治や社会の仕組みを作った人がクリスチャンであったため、育ちが良く良識を持った人が政治の土台を作ったことから汚職が少ないとされています。

ちなみに、日本のランキングは20位となっていて、最もランキングが低いのは174位でアフガニスタンや北朝鮮、ソマリアなどのようです。

日本書紀にも賄賂が登場する

日本でも古来より汚職は存在していて、なんと日本書記の記述にも賄賂について登場しているのです。
その当時に賄賂を受け取って取引をしたものは、なんと国の一部だったそうです。

賄賂を贈ったのは朝鮮半島にあって日本と外交のあった百済(くだら)の国の人間でした。
その頃の朝鮮半島には日本が部分統治をしている任那(みまな)という地域があったのですが、高句麗(こうくり)と戦争状態であった百済(くだら)は、劣性を挽回するために任那(みまな)の一部を譲ってほしいと日本に頼み込んだのでした。

そして、日本の大伴金村(おおとものかねむら)や現地司令官である穂積臣押山(ほづみのおみおしやま)賄賂が贈られた結果、任那のうち4県を百済に譲ることになったのでした。
いつの時代にも汚職はあるものなんですね。

以上が汚職の雑学でした、いかがでしたか?

毎日が「今日は何の日?」

あなたやあなたの大切な人の誕生日は何の記念日ですか?

【今日は何の日?】365日雑学カレンダー!朝礼やスピーチのネタ帳
今日は何の日?という疑問をカレンダー形式で面白い雑学と一緒に紹介します。 朝礼やスピーチのネタなどに使える365日分の記念日と1000...

■今日は何の日?(12月9日)
国際腐敗防止デー
漱石忌

■明日は何の日?(12月10日)
世界人権デー
ノーベル賞授賞式

■昨日は何の日?(12月8日)
レノンズデー
針供養

スポンサーリンク

フォローする