12月9日は漱石忌、由来と雑学を紹介【今日は何の日?】

漱石忌今日は何の日
12月9日の「今日は何の日?」は「漱石忌」です。
また「漱石忌」にちなんで「夏目漱石の飼っていた猫の名前は「ねこ」」「夏目漱石の意外な素顔」など夏目漱石にまつわる面白い雑学を紹介します。

今日は何の日?

12月19日は…

他にも365日分の記念日1000個以上の雑学を紹介していますので、朝礼やスピーチのネタとしてご活用ください。

【今日は何の日?】365日雑学カレンダー!朝礼やスピーチのネタ帳
今日は何の日?という疑問をカレンダー形式で面白い雑学と一緒に紹介します。 朝礼やスピーチのネタなどに使える365日分の記念日と1000...
スポンサーリンク

12月9日は漱石忌

今回は「漱石忌」について解説していきます!
なぜ12月9日が「漱石忌」なのかというと、1916(大正5)年12月9日に夏目漱石が亡くなったことが由来となっています。

49歳という若さで亡くなってしまい、その晩年は胃潰瘍に悩まされ続けたそうです。
夏目漱石は教科書にも出てきますし、旧千円札にも採用されるなど日本人で知らない人はいないといっても過言ではないぐらい有名な小説家ですよね。

実際に読んだ事はなくても「吾輩は猫である」や「坊っちゃん」などの作品名だけは知っていたり、夏目漱石を題材にしたドラマなどは見た事はあるのではないでしょうか。
そしてあまり知られていないですが、夏目漱石という名前は実はペンネームであって、本名は夏目金之助(なつめきんのすけ)といいます。

業績を残した作家の命日を偲ぶ日として「文学忌」と呼ばれるものがありますが、「漱石忌」も「文学忌」の一つとなります。
「漱石忌」で夏目漱石について興味を持った人は、これをきっかけにして是非とも夏目漱石の作品を読んでみてはいかがでしょうか?

スポンサーリンク

夏目漱石の雑学

今回は「漱石忌」にちなんで「夏目漱石の雑学」を紹介します。

夏目漱石の飼っていた猫の名前は「ねこ」

夏目漱石の残した作品の中でもかなり有名なものといえば「吾輩は猫である」ですよね。
この作品に登場する猫は実際に夏目漱石の家に住み着いた猫がモデルとなっているのですが、特に名前が付けられていなかったそうです。

「吾輩は猫である」の冒頭文に「吾輩は猫である。名前はまだない。」とありますが、これは本当のことだったんですね。
その代わりにその猫のことをそのまま「ねこ」と呼んでいたそうで、実質その猫の名前は「ねこ」だったそうです。

猫が死んでしまった後もそのまま名前が付けられる事はなく、猫のお墓を建てた時も「猫の墓」と墓標に記しました。
しかし、その猫に愛着が無かったというわけではなく、猫が死んでしまった後には友人たちに「死亡通知」を送った記録があります。

そもそも100年以上前の人が猫のためにお墓を建てていたなんて、しっかりと猫に愛情を注いでいたことがわかりますよね。

夏目漱石の意外な素顔

猫に愛情を注いでいたことから非常に温厚そうな夏目漱石に見えますが、実は意外な素顔があります。
事実だったかどうかは定かではありませんが、夏目漱石はヒステリックな行動を取ることがあり、しばしばおかしな行動を見せることもあったとされています。

夏目漱石の妻である鏡子が残した「漱石の想いで」という本の内容には夏目漱石の色々な面が書かれていました。
息子のことを杖でボコボコに殴ったり、夜中にネズミがうるさいことを理由に暴れたり家族の話声を聞いただけでうるさいと怒ったりと、ヒステリックな一面があったとされています。

また、小説の執筆中に行き詰った時には鼻毛をひたすら抜いて原稿用紙に並べたり、実は東大にはカンニングで合格したなど、頭が良さそうな漱石のイメージとはかけ離れた一面があります。
偉大な人には変わった人が多いということがありますので、夏目漱石もそんな偉大で変わった人の一人だったのかもしれませんね。

以上が夏目漱石の雑学でした、いかがでしたか?

毎日が「今日は何の日?」

あなたやあなたの大切な人の誕生日は何の記念日ですか?

【今日は何の日?】365日雑学カレンダー!朝礼やスピーチのネタ帳
今日は何の日?という疑問をカレンダー形式で面白い雑学と一緒に紹介します。 朝礼やスピーチのネタなどに使える365日分の記念日と1000...

■今日は何の日?(12月9日)
国際腐敗防止デー
漱石忌

■明日は何の日?(12月10日)
世界人権デー
ノーベル賞授賞式

■昨日は何の日?(12月8日)
レノンズデー
針供養

スポンサーリンク

フォローする