12月11日はユニセフ創立記念日、由来と雑学を紹介【今日は何の日?】

ユニセフ創立記念日今日は何の日
12月11日の「今日は何の日?」は「ユニセフ創立記念日」です。

スポンサーリンク



12月11日はユニセフ創立記念日

今回は「ユニセフ創立記念日」について解説していきます!
なぜ12月11日が「ユニセフ創立記念日」なのかというと、1946(昭和21)年12月11日に国連児童基金(ユニセフ)の前身である国連国際児童緊急基金が創立されたことが由来となっています。

「ユニセフ」という名前については「United Nations International Children’s Emergency Fund(国際連合国際児童緊急基金)」の頭文字をとった略称となります。
1953(昭和28)年に改組されたことによって、現在の組織名である国連児童基金となりましたが、世界的にもUNICEF(ユニセフ)という略称で普及していたことから、現在でも「ユニセフ」と呼ばれています。

ユニセフの創立当初の目的は主に戦後の子供たちを緊急援助することでした。
実際に日本も戦後である1949年から1964年にかけて、脱脂粉乳や医薬品、原綿などの援助を受けており、当時は日本もユニセフの援助を受ける国の一つだったのです。

現在でも発展途上国や戦争などの内戦で被害を受けている国の子供の支援を中心に活動を続けています。
その功績が称えられて1965年にはノーベル平和賞を受賞しています。

スポンサーリンク



募金の雑学

今回は「ユニセフ創立記念日」にちなんで「募金の雑学」を紹介します。

義捐金と支援金の違いとは?

東日本大震災や熊本自身などが発生した時に、自分にも何か出来ることがあるのではないかと募金をした人もいるのではないでしょうか。
募金を募るための箱などに「義捐金」や「支援金」などの文字が書かれている事がありますが、その違いが何なのか気になったことはありませんか?

まずは「義捐金」についてですが、義捐金は災害にあった被災者へと配当されるお金のことを指します。
日本赤十字社などの団体によって義捐金が受け付けられた後、被災地へと義捐金が送金され、その後は各自治体の配分委員会によって被災者への配分が検討されてから、被災者へとお金が渡されます。

続いて「支援金」についてですが、支援金とは被災地で活動をするNPOであったりNGOが活動をするために使われるお金のことです。
NPOやNGOは被災地で炊き出しや医療活動などを行いますが、その活動内容に応じて掛かってくる費用が「支援金」によって賄われているのです。

赤い羽根の由来

募金といえば「赤い羽根」を思い浮かべる人も多いのではないでしょうか。
この「赤い羽根」については赤い羽根共同募金によるもので、1913(大正2)年にアメリカのオハイオ州クリーブランド市で初めて実施されてから、現在まで実施されています。

そもそもなぜ募金のシンボルとして「赤い羽根」が使われているのかというと、最初にアメリカで使われたものをヒントにして日本でも真似をしたことが由来となっているのです。
この「赤い羽根」については中世ヨーロッパでは「勇気の象徴、善行または勲功のしるし」とされていて、騎士の兜などに使われていました。

また、ロビンフッドが活躍した時代には、家臣が善行を行った場合に国王から赤い羽根が与えられていたそうです。
このような意味があることから募金のシンボルとして赤い羽根が使われるようになったとされています。

以上が募金の雑学でした、いかがでしたか?

毎日が「今日は何の日?」

■今日は何の日?(12月11日)
ユニセフ創立記念日
胃腸の日
百円玉記念日

■明日は何の日?(12月12日)
漢字の日
バッテリーの日
明太子の日

■昨日は何の日?(12月10日)
世界人権デー
ノーベル賞授賞式

スポンサーリンク



フォローする