12月11日は百円玉記念日、由来と雑学を紹介【今日は何の日?】

百円玉記念日今日は何の日
12月11日の「今日は何の日?」は「百円玉記念日」です。

スポンサーリンク



12月11日は百円玉記念日

今回は「百円玉記念日」について解説していきます!
なぜ12月11日が「百円玉記念日」なのかというと、1957(昭和32)年12月11日に百円硬貨が発行されたされたことが由来となっています。

それまで日本で使われていた100円は紙幣であり、紙幣には板垣退助の肖像が描かれていました。
なぜ紙幣を硬貨へと変える必要があったのかというと、紙幣は硬貨に比べて寿命が短く、今後物価などが上昇して100円を使う機会が多くなった場合に、硬貨の方が丈夫で長持ちすると考えられたことが理由となっています。

また、その当時の諸外国と日本の貨幣制度を比較して、諸外国を参考にして100円を硬貨にしたという経緯もあります。
実は最初に発行されていた100円玉は現在のものと素材とデザインが違うのです。

1957年から発行されていた100円玉は銀が主な原料となっていて、表面には鳳凰が描かれており、裏面には旭日が描かれていました。
その後、1959年にはデザインが稲穂に変更されることになりました。

また、1964年には東京オリンピックが開催されたことから、東京オリンピック用にデザインを一部変更した記念硬貨が8000万枚発行されました。
1966年には原料としていた銀の価値が高騰していたことと、高度経済成長に伴って100円玉の需要がより高まった事から、原料が白銅に変更されてデザインも現在のものへと変更されました。

スポンサーリンク



硬貨の雑学

今回は「百円玉記念日」にちなんで「硬貨の雑学」を紹介します。

穴が空いている硬貨が5円と50円の理由

日本には「1円」「5円」「10円」「50円」「100円」「500円」と様々な種類の硬貨が存在していますよね。
しかし、「5円玉」と「50円玉」だけ他の硬貨と違って穴が空けられています。

実は「5円玉」と「50円玉」だけ穴が空いているのには理由があったのです。
まずは「5円玉」についてですが、5円玉が最初に発行されたのは昭和24年のことだったのですが、当時の日本は戦後だったことから急激なインフレがおこっていたため、少しでも「5円玉」の材料を節約する必要があり、そのため穴が空けられたのです。

また、当初の「50円玉」については現在の100円玉と同じサイズであり穴も空いていなかったことから、見た目が似ていて非常に紛らわしく、穴が空けられるようになりました。
そのため、100円玉の素材が白銅に変更されるのと同時に50円玉も白銅となり、わかりやすいように形も小さく変更されたのでした。

21枚以上の硬貨の支払いは拒否できる

財布の中に小銭が多くなってきた時には、財布を少しでも軽くしようとして一度に大量の硬貨を使いたくなってしまいますよね。
しかし、同じ硬貨を21枚以上使って支払おうとした場合には、拒否される可能性もある事を知っていましたか?

実は硬貨の使用枚数に関しては法律上の決まりごとがあって、同一の硬貨を21枚以上使われた場合には店側がその支払いを拒否することが出来るのです。
その法律とは「通貨の単位及び貨幣の発行等に関する法律第7条」によるもので、硬貨を使用する場合は額面の20倍までの強制通用力を持つとされているのです。

つまり、同じ硬貨を21枚以上使ってしまうとこの「強制通用力」が無くなってしまうため、店側もその支払いに応じなくても良くなるのです。
大量の1円や10円を使う時には注意が必要です。

以上が硬貨の雑学でした、いかがでしたか?

毎日が「今日は何の日?」

■今日は何の日?(12月11日)
ユニセフ創立記念日
胃腸の日
百円玉記念日

■明日は何の日?(12月12日)
漢字の日
バッテリーの日
明太子の日

■昨日は何の日?(12月10日)
世界人権デー
ノーベル賞授賞式

スポンサーリンク



フォローする