12月13日は正月事始め、由来と雑学を紹介【今日は何の日?】

正月事始め今日は何の日
12月13日の「今日は何の日?」は「正月事始め」です。

スポンサーリンク



12月13日は正月事始め

今回は「正月事始め」について解説していきます!
なぜ12月13日が「正月事始め」なのかというと、日本では古来から12月13日に門松やお雑煮を炊くための薪等、お正月に必要な木を山へ取りに行ったことが由来となっています。

また、江戸時代の中期まで使われていた宣明暦によると、旧暦の12月13日の二十八宿は必ず「鬼の日」となっていました。
この「鬼の日」については婚礼以外については全てのことが吉とされていることから、正月の年神様を向かえるのに良いとして、12月13日が「正月事始め」として選ばれたのでした。

その後の暦の日付と二十八宿とは一致しなくなりましたが、正月事始めの日付は昔の風習の名残りで12月13日になったままになっているのでした。
この時期は師走であることから、仕事もプライベートも様々なことが忙しくなる時期になっていますよね。

会社では年末に向けて仕事が忙しくなっていきますし、忘年会もたくさん開かれたり、クリスマスなどの行事も控えていることからドタバタして疲れてしまいますよね。
年末にゆっくりとした時間を過ごすためにも、そして年神様を迎えて来年も充実した一年間になるように願って、早めに正月の準備を始めてみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク



正月事始めの雑学

今回は「正月事始め」にちなんで「正月事始めの雑学」を紹介します。

大掃除をするようになった理由

日本では当たり前のように行われている年末の大掃除ですが、欧米やヨーロッパなどには年末に大掃除をする風習はないようです。
世界的に見ても年末に大掃除をするのは珍しいようですが、そもそもなぜ日本では正月を迎える前に大掃除をするのでしょうか。

それは新たな年を迎える時に年神様を迎えることになるため、その年に溜まった一年分の汚れを奇麗にする必要があるからなんですね。
いかにも昔の日本の考え方らしく、宗教信仰のような考えから大掃除をする風習がきているんですね。

このような大掃除の風習が生まれたのは平安時代のころだったとされていて、江戸時代になると12月13日には大奥で必ず「すす払い」を行うことが決められていました。
そして、この大奥の風習を民家が倣うようになり、年末の「すす払い」の行事が大掃除として一般的に定着することになるのでした。

しめ飾りの由来

お正月にはしめ飾りを飾りますが、その由来は知っていましたか?
しめ飾りについてはもともとは神社にある「しめ縄」が由来となっている飾り物なんです。

神社にしめ縄が飾られるようになった由来は神話が元になっています。
ある日、天照大神(あまてらすおおみかみ)という神様が、悪さばかりをしている弟の須佐之雄命(すさのおのみこと)に腹を立てて、天の岩屋へと隠れました。

天照大神の力によって地上が照らされていたため、岩屋へ隠れてしまったことから世界が真っ暗になってしまいました。
これに困った他の神々は天照大神を岩屋からなんとか連れ出すために、岩戸の前で酒を飲み踊りました。

その様子を伺いに岩戸から天照大神が出てきたところを、もう岩屋へと戻すまいとしてしめ縄で岩戸を縛ってしまったのです。
このことからしめ縄には神様が宿るとされているんですね。

そして、このしめ縄を参考にしてしめ飾りが作られたのですが、これは天照大神の伝説になぞらえて、一度家の中に入ってきた神様が外へ出ていかないようにと、しめ飾りを飾るようになったのでした。
以上が正月事始めの雑学でした、いかがでしたか?

毎日が「今日は何の日?」

■今日は何の日?(12月13日)
正月事始め
ビタミンの日
双子の日

■明日は何の日?(12月14日)
南極の日
忠臣蔵の日

■昨日は何の日?(12月12日)
漢字の日
バッテリーの日
明太子の日

スポンサーリンク



フォローする