12月13日はビタミンの日、由来と雑学を紹介【今日は何の日?】

ビタミンの日今日は何の日
12月13日の「今日は何の日?」は「ビタミンの日」です。

スポンサーリンク



12月13日はビタミンの日

今回は「ビタミンの日」について解説していきます!
なぜ12月13日が「ビタミンの日」なのかというと、1910(明治43)年12月13日に鈴木梅太郎博士が、米糠から抽出した脚気を予防する成分に「オリザニン」と命名したことを東京化学会で発表したことが由来となっています。

「ビタミンの日」については「ビタミンの日」制定委員会によって2000(平成12)年9月に制定された記念日となります。
オリザニンという栄養素については現在では全く聞いた事がありませんよね。

実は「オリザニン」はこの1年後に発見されたビタミンB1と同じ物質であることが判明したからなんです。
更にこの日に行われた発表については世界初のものでしたが、発表された論文が日本語であったことから国際的には認知されませんでした。

そして、翌年のポーランドの生化学者であるカシミール・フンクによって「ビタミン」と命名されたことにより、ビタミンが世界的に広まっていくことになりました。
鈴木梅太郎博士の論文が英語で書かれていて世界的に発信されていたとしたら、もしかしたら今頃は「ビタミン」という言葉は存在せず、「オリザニン」という栄養素の名前が主流となっていたのかもしれませんね。

スポンサーリンク



ビタミンの雑学

今回は「ビタミンの日」にちなんで「ビタミンの雑学」を紹介します。

レモンはそんなにビタミンCを含んでいいない

レモンに含まれる栄養素といえば「ビタミンC」を想像される人が非常に多いかと思います。
何か商品を宣伝する時にも「レモン○個分のビタミンC」のような宣伝文句が使われることから、レモンにはビタミンCが豊富だと思われがちです。

しかし、実はレモンに含まれるビタミンCはそんなに豊富ではない事を知っていましたか?
レモンに含まれるビタミンCの量はレモン1個(100g)に対して「100mg」だとされていますが、これは皮ごと食べた時のビタミンCの含有量であり、果肉の部分を食べただけでは「20mg」しか摂取できないのです。

他の100gの果物のビタミンCの含有量と比較すると、いちごが62mgみかんが32mgアセロラが1700mgキウイが69mgグレープフルーツが36mgと決してレモンのビタミンCが豊富でないことがわかりますよね。
それではなぜ「レモン=ビタミンC」の基準にしているのかというと、人間が1日に必要とするビタミンCの量が100mgであり、レモンを皮ごと食べた時のビタミンCの量と同じだったからなんです。

ビタミンにも副作用がある

ビタミンは身体にいいものといわれていますが、ビタミンにも様々な種類のものになり、摂取しすぎると副作用がでるビタミンもあることは知っていましたか?
ビタミンについては「水溶性」と「脂溶性」に分類されます。

まずは「水溶性」のビタミンについてですが、こちらは水に溶ける性質となっていて、摂取をしすぎたとしても尿として出ていくため、身体に害が出ることはないそうです。
「水溶性」のビタミンはビタミンCなどを始めとして、B1、B2、B6、B12などが挙げられます。

続いて「脂溶性」ビタミンについてですが、こちらのビタミンは摂取しすぎると脂肪組織や肝臓に蓄積されてしまい、頭痛や吐き気を催すなど副作用があらわれることもあるそうです。
「脂溶性」ビタミンと呼ばれるビタミンは、ビタミンA・E・Kなどになりますので摂取のしすぎには注意が必要です。

以上がビタミンの雑学でした、いかがでしたか?

毎日が「今日は何の日?」

■今日は何の日?(12月13日)
正月事始め
ビタミンの日
双子の日

■明日は何の日?(12月14日)
南極の日
忠臣蔵の日

■昨日は何の日?(12月12日)
漢字の日
バッテリーの日
明太子の日

スポンサーリンク



フォローする