12月13日は双子の日、由来と雑学を紹介【今日は何の日?】

双子の日今日は何の日
12月13日の「今日は何の日?」は「双子の日」です。
また「双子の日」にちなんで「双子が生まれやすい条件」「双子はどの組み合わせが多い?」など双子にまつわる面白い雑学を紹介します。

今日は何の日?

9月26日は…

他にも365日分の記念日1000個以上の雑学を紹介していますので、朝礼やスピーチのネタとしてご活用ください。

【今日は何の日?】365日雑学カレンダー!朝礼やスピーチのネタ帳
今日は何の日?という疑問をカレンダー形式で面白い雑学と一緒に紹介します。 朝礼やスピーチのネタなどに使える365日分の記念日と1000...
スポンサーリンク

12月13日は双子の日

今回は「双子の日」について解説していきます!
なぜ12月13日が「双子の日」なのかというと、1874(明治7)年12月13日に「双子や三つ子の場合は、先に産まれた方を兄・姉とする」という太政官指令が出されたことが由来となっています。

それまでは双子が産まれた場合には後に産まれてきた方を兄や姉としていたそうです。
現在では先に産まれた方が兄や姉とするのが当たり前となっているので、昔のやり方にはかなり違和感を覚えてしまいますよね。

そんな双子には不思議な能力があるとされていて、双子によっては片方に何かがあったらすぐに察知できることもあるそうです。
過去には片方が怪我をした時に報告の電話をすると、どこをどのように怪我したのかがすぐにわかった例があったり、片方が帝王切開をしてお腹にメスを入れた部分に、もう片方の人もみみずばれが出来た事もあったそうです。

更に、双子がまだ小さなころには育った環境の違いなどがまだみられない事から、じゃんけんをするとかなりの確率であいこになるというデータもあるそうです。
他には双子にはその双子間でしか通用しないような「双子語」というものが発現するケースがあったりなど、双子には本当に色々な不思議がありますよね。

スポンサーリンク

双子の雑学

今回は「双子の日」にちなんで「双子の雑学」を紹介します。

双子が生まれやすい条件

双子は偶然に産まれてくるものだと考えられているかもしれませんが、実は双子がより生まれやすくなる条件が2つほど存在しているそうです。
まずは母体の身長が高い場合には双子が産まれやすいとされています。

人間の肝臓からはインスリン様成長因子(IGF)と呼ばれるものが分泌されているのですが、この分泌量が多いと双子が産まれる確率が高まるとされています。
そして、母体の身長が高いほどインスリン様成長因子(IGF)の分泌量が多いということがわかっているのです。

そして、乳製品を多く摂取することによって双子が産まれやすくなることもあります。
牛乳などには特にインスリン様成長因子(IGF)が含まれているためことから、乳製品を摂取することによって双子の産まれる可能性が高まるとされているのです。

双子はどの組み合わせが多い?

皆さんの周りには双子がいますか?
双子といってもその組み合わせが「男男」「女女」であったり、「男女」という組み合わせの双子がいますよね。

それでは実際にはどのような双子の組み合わせが世の中には多いのでしょうか。
双子の組み合わせを多い順番から並べると以下のようになっているそうです。

1位 男女(二卵性)
2位 女女(二卵性)
3位 男男(二卵性)
4位 女女(一卵性)
5位 男男(一卵性)

双子といえば「男男」「女女」が多いイメージがありますが、意外にも「男女」が一番多い結果となっています。
異性の双子はあまり見かけない気がしますが、あなたの身近な人も実は双子の兄弟姉妹がいるかもしれませんね。

以上が双子の雑学でした、いかがでしたか?

毎日が「今日は何の日?」

あなたやあなたの大切な人の誕生日は何の記念日ですか?

【今日は何の日?】365日雑学カレンダー!朝礼やスピーチのネタ帳
今日は何の日?という疑問をカレンダー形式で面白い雑学と一緒に紹介します。 朝礼やスピーチのネタなどに使える365日分の記念日と1000...

■今日は何の日?(12月13日)
正月事始め
ビタミンの日
双子の日

■明日は何の日?(12月14日)
南極の日
忠臣蔵の日

■昨日は何の日?(12月12日)
漢字の日
バッテリーの日
明太子の日

スポンサーリンク

フォローする