12月16日は紙の記念日、由来と雑学を紹介【今日は何の日?】

紙の記念日今日は何の日
12月16日の「今日は何の日?」は「紙の記念日」です。
また「紙の記念日」にちなんで「再生紙は江戸時代から使われていた」「現代の再生紙は意外とエコではない」など紙にまつわる面白い雑学を紹介します。

今日は何の日?

9月26日は…

他にも365日分の記念日1000個以上の雑学を紹介していますので、朝礼やスピーチのネタとしてご活用ください。

【今日は何の日?】365日雑学カレンダー!朝礼やスピーチのネタ帳
今日は何の日?という疑問をカレンダー形式で面白い雑学と一緒に紹介します。 朝礼やスピーチのネタなどに使える365日分の記念日と1000...
スポンサーリンク

12月16日は紙の記念日

今回は「紙の記念日」について解説していきます!
なぜ12月16日が「紙の記念日」なのかというと、1875(明治8)年12月16日に東京・王子の抄紙会社の工場で営業運転を開始したことが由来となっています。

抄紙会社は実業家・澁澤榮一が大蔵省紙幣寮から民間企業として独立させたもので、現在の王子製紙株式会社の前身となりました。
しかし、実は抄紙会社が創業を開始する前に日本初の製紙会社が創立・創業されていたため、抄紙会社が日本初の製紙会社というわけではありませんでした。

日本初の製紙会社は有恒社であり、1872年に創立して1874年には創業を開始していたのでした。
日本で初めて用紙を作っていた企業でしたが、株式会社に移行した後には、1924年に王子製紙によって吸収合併されました。

このように、明治維新とともに文明開化が始まって、洋紙産業も活発となって様々な西洋の近代技術が日本でも登場するようになっていったのです。
この製紙産業が発展する事によって、新聞や雑誌なども印刷されるようになっていき、爆発的に紙の需要も高まっていったのでした。

その後、終戦後には紙の需要は更に拡大していくことになり、1970年以降には世界でも有数の紙の生産国となったのです。

スポンサーリンク

紙の雑学

今回は「紙の記念日」にちなんで「紙の雑学」を紹介します。

再生紙は江戸時代から使われていた

現代ではエコの象徴として各企業などが再生紙を取り入れて使っていますよね。
このように現代ではリサイクルが求められるようになっているのですが、実は紙のリサイクルは江戸時代から行われていて、江戸では再生紙が既に使われていたって知っていましたか?

中世ヨーロッパは街中がゴミだらけになり、それが原因となって疫病などが発生した反面、日本人の衛生面はとても高く、リサイクルの意識が高かったことから、江戸の街並はとても奇麗で清潔なものだったとされていあす。
使えるものは限りなく使うという精神から誕生したものに、江戸時代の「浅草紙」というものがありました。

「浅草紙」は江戸中の様々なゴミが集められた後に分別された紙ゴミを再利用して作られたものなんです。
紙ゴミなどの古紙を細かくしてから釜で煮てドロドロにし、冷やした後は水気を切って板の上で叩いて平面にし、その後乾かして再生紙として利用していたのでした。

現代の再生紙は意外とエコではない

再生紙といえば現代のエコの象徴となっていて、再生紙を使っていることをアピールしている企業も増えていますよね。
しかし、実は再生紙についてはそれほどエコではないって事を知っていましたか?

資源を再利用することは良いことなのですが、再生紙を作るためにはそれなりにコストをかけることになるのです。
まず、すでにしみ込んでいるインクを落とすためには大量の石油を使うことになり、その後にはインクを落とした紙を漂白する必要があります。

インクを洗い流したり漂白する過程では当然ながら汚水が発生しますので、汚水を廃棄するのにもお金がかかります。
トータルで見ると再生紙を使うよりも実は新しい紙を買った方がコストを抑えられるといわれているぐらいなんですね。

以上が紙の雑学でした、いかがでしたか?

毎日が「今日は何の日?」

あなたやあなたの大切な人の誕生日は何の記念日ですか?

【今日は何の日?】365日雑学カレンダー!朝礼やスピーチのネタ帳
今日は何の日?という疑問をカレンダー形式で面白い雑学と一緒に紹介します。 朝礼やスピーチのネタなどに使える365日分の記念日と1000...

■今日は何の日?(12月16日)
電話創業の日
紙の記念日

■明日は何の日?(12月17日)
飛行機の日

■昨日は何の日?(12月15日)
観光バス記念日

スポンサーリンク

フォローする