12月17日は飛行機の日、由来と雑学を紹介【今日は何の日?】

飛行機の日今日は何の日
12月17日の「今日は何の日?」は「飛行機の日」です。

スポンサーリンク



12月17日は飛行機の日

今回は「飛行機の日」について解説していきます!
なぜ12月17日が「飛行機の日」なのかというと、1903年12月17日にアメリカ・ノースカロライナ州のキティホークで、ウィルバーとオーヴィルのライト兄弟が動力飛行機の初飛行に成功したことが由来となっています。

この日には4回の飛行実験が行われて、1回目の飛行時間は12秒であり、4回目は59秒で飛行距離は256mを記録したそうです。
現代の日本では「鳥人間コンテスト」などが行われていて、学生でも何十分も飛び続けられる飛行機が作れることから、ライト兄弟が記録した秒数と飛距離が大したことがないように見えてしまいますよね。

しかし、人類の歴史が始まってからというものの、人間を乗せた飛行機が自力で上昇して飛び続けることは歴史的快挙だったのです。
何事も先人の知恵を借りて成功させることは出来て、1だったものを2にすることは出来ますが、0から1にすることはとても難しいことだったんですね。

その頃には飛行機の開発に着手していた人はライト兄弟以外にももちろんいたのですが、人類の飛行機開発挑戦は失敗続きでなかなか成功することはなかったそうです。
ライト兄弟は飛行機で空を飛ぶという夢を実現するために、自転車屋を営みながらも様々な文献を呼んで研究し、ようやく空を飛ぶという夢を叶えたのでした。

スポンサーリンク



飛行機の雑学

今回は「飛行機の日」にちなんで「飛行機の雑学」を紹介します。

飛行機は予約してても乗れないこともある

飛行機に乗る場合には当日にチケットを購入したり事前に予約をしたりしますよね。
チケットの予約さえ済ませてしまえば確実に飛行機に乗れると思われていますが、実は飛行機に乗れない場合もあるそうなんです。

その確率は10万人に1人といった確率になっているので、本当に稀なことではあるんですが、いきなり別の便などに変更をお願いされることもあるのです。
これは、飛行機は事前に予約する人が多く、当日に連絡をせずにキャンセルする人がとても多いため、あらかじめキャンセルされた空席を想定して多めにチケットの予約を受け付けているからなんですね。

これを「オーバーブッキング」と呼んでいて、この「オーバーブッキング」に了承してくれた客には、協力金として1万円、変更された便が翌日以降だった場合には協力金2万円と宿泊代などが支払われるとのことです。

酸素マスクの空気は15分しかもたない

飛行機が離陸する前には酸素マスクの使い方が説明されますよね。
そもそもなぜ緊急時に酸素マスクが必要になるのかというと、飛行機の機体が破損して穴などが空いてしまうと、酸素が薄くなって低酸素症になってしまうからなんです。

そのため、緊急時には素早く酸素マスクを装着することが大事なのですが、実は酸素マスクについては15分しかもたないそうなんです。
飛行機で事故が発生した場合のマニュアルとして、パイロットは15分以内には飛行機を安全な高度まで下げることが決まっているのです。

つまり、安全な高度まで酸素を持たせれば充分なため、酸素マスクについても15分までしか酸素が供給されないようになっているのでした。
以上が飛行機の雑学でした、いかがでしたか?

毎日が「今日は何の日?」

■今日は何の日?(12月17日)
飛行機の日

■明日は何の日?(12月18日)
国際移民デー
国連加盟承認の日
東京駅完成記念日

■昨日は何の日?(12月16日)
電話創業の日
紙の記念日

スポンサーリンク



フォローする