ナボナの日の由来と面白い雑学、12月18日の今日は何の日?

ナボナの日今日は何の日
12月18日の「今日は何の日?」は「ナボナの日」です。
また「ナボナの日」にちなんで「マドレーヌは人の名前だった」「チュロスというお菓子の由来」などお菓子にまつわる面白い雑学を紹介します。

他にも365日分の記念日1000個以上の雑学を紹介していますので、朝礼やスピーチのネタとしてご活用ください。

【今日は何の日?】365日雑学カレンダー!朝礼やスピーチのネタ帳
今日は何の日?という疑問をカレンダー形式で面白い雑学と一緒に紹介します。 朝礼やスピーチのネタなどに使える365日...

12月18日はナボナの日

今回は「ナボナの日」について解説していきます!
なぜ12月18日が「ナボナの日」なのかというと、ナボナを看板商品としている亀屋万年堂の創業が1938年12月18日であることが由来となっています。

「ナボナの日」についてはもちろん株式会社亀屋万年堂によって制定された記念日となります。
現在はもう放送されていませんが「ナボナはお菓子のホームラン王です」というフレーズが印象的なテレビCMが1970年代まで放送されていました。

2018年現在、日本プロ野球名球会顧問を務めている王貞治氏も現役時代にテレビCMに起用されていたんですよね。
そして、2018年には看板商品であるナボナが発売から55周年になることを記念して「ナボナの日」が制定されたのです。

現在でも根強い人気を誇っているヒット商品であり、ナボナをこれからも愛して頂きたいとの思いから「ナボナ55周年記念缶 – プレミアムバージョン –」も発売されています。
亀屋万年堂は関東を中心に店舗を展開していますが、ネット通販からでもナボナを注文出来ますので、ぜひ「ナボナの日」にはナボナを食べてみてくださいね。


お菓子の雑学

ナボナの日今日は何の日
今回は「ナボナの日」にちなんで「マドレーヌは人の名前だった」「チュロスというお菓子の由来」などお菓子にまつわる面白い雑学を紹介します。

マドレーヌは人の名前だった

実はお菓子の名前にも面白い由来があるので、紹介していきます。
日本でも食べられている「マドレーヌ」という焼き菓子がありますが、実は人の名前が由来になっているってご存じでしたか?

マドレーヌの発祥は18世紀中期のフランスのロレーヌ地方で誕生したお菓子だとされています。
ロレーヌ地方にはコメルシーという町がありますが、この町に住むメイドの女性の名前が「マドレーヌ」だったんですね。

その当時、ロレーヌ地方を治めていた貴族がパーティを開いたのですが、トラブルでお抱えのパティシエが出て行ってしまいました。
そして、困った貴族がメイドの「マドレーヌ」にパーティ用の焼き菓子を作ってもらった結果、これが好評となり「マドレーヌ」が誕生したのです。


チュロスというお菓子の由来

続いて「チュロス」というお菓子の名前の由来について解説していきます。
日本では「チュロス」という名前で定着していますが、実はこれは複数形であり正式名称は「チュロ」なんですね。

チュロスの起源はスペインだとされていて、スペインの羊飼いが長期に渡る野外生活をする際に、簡単に作れるパンの代用として作られたのが始まりだとされています。
そして「チュロ」という名前自体も、羊の名前である「ナバホ・チュロ」からきています。

パンの代用として作られたチュロスが、偶然にも飼っていた「ナバホ・チュロ」の角の形に似ていたことが由来となって「チュロ」となった訳ですね。
そのままチュロは世界中に広まっていき、日本に伝わったころには「チュロス」と複数形になっていたのです。

以上がお菓子の雑学でした、いかがでしたか?

注目記事


毎日が「今日は何の日?」

あなたやあなたの大切な人の誕生日は何の記念日ですか?

【今日は何の日?】365日雑学カレンダー!朝礼やスピーチのネタ帳
今日は何の日?という疑問をカレンダー形式で面白い雑学と一緒に紹介します。 朝礼やスピーチのネタなどに使える365日...

■今日は何の日?(12月18日)
国際移民デー
国連加盟承認の日
東京駅完成記念日
ナボナの日
ホタテの日
防犯の日

■明日は何の日?(12月19日)
日本人初飛行の日
まつ育の日
国際南南協力デー
シュークリームの日
松阪牛の日

■昨日は何の日?(12月17日)
飛行機の日
明治ブルガリアヨーグルトの日
いなりの日
減塩の日
国産なす消費拡大の日