12月20日はシーラカンスの日、由来と雑学を紹介【今日は何の日?】

シーラカンスの日今日は何の日
12月20日の「今日は何の日?」は「シーラカンスの日」です。

スポンサーリンク



12月20日はシーラカンスの日

今回は「シーラカンスの日」について解説していきます!
なぜ12月20日が「シーラカンスの日」なのかというと、1952年12月20日にアフリカ・マダガスカル島沖でシーラカンスが捕獲され、学術調査が行われたことが由来となっています。

1938年に南アフリカで捕獲されて生存は確認されていましたが、学術調査が行われたのはこれが初めてのことでした。
これより以前は、シーラカンスは7500万年前に絶滅したものだと考えられていたのです。

この日に行われた調査によって無事にシーラカンスを捕獲する事に成功されたことから、化石でしか確認できなかったものが復活するという、まさに「生きた化石」が発見された瞬間となりました。
シーラカンスは地球の歴史の中でもかなり昔から存在していた生き物であり、最古の化石は3億6500年前のものが出土しているため、少なくとも3億6500年以上前には存在していたことになりますよね。

人類も最初は四足歩行だったものが二足歩行になったように、普通の生き物はここまで長く生きていると多種多様な進化を遂げるものです。
そのため、ここまで昔の姿を保ったまま生存してきたシーラカンスはとても珍しい生き物なんですね。

スポンサーリンク



シーラカンスの雑学

今回は「シーラカンスの日」にちなんで「シーラカンスの雑学」を紹介します。

シーラカンスは驚くほど長生き

シーラカンスは様々な面で珍し生き物なのですが、その寿命の長さもとても長く、驚くほど長生きする生き物なのです。
なんとその寿命は人間よりも長く100年以上も生きるとされているのです。

コモロの近海で見つかったシーラカンスの群れを21年間研究したところ、300~400匹も固体がいるはずなのに、未成熟の固体は1匹も見つからなかったそうです。
そして、その数がなかなか減ることはなく、1年間で3~4匹しか固体が減る事はありませんでした。

しかも、この減ってしまった個体の分、若い成体がどこからともなく現れてその数を保っていたんです。
このことからシーラカンスの寿命を試算してみたところ、なんとシーラカンスの寿命は約103年だということかわかったのです。

シーラカンスはどんな味がする?

日本人は普段から魚をたくさん食べていますし、日本人の血が騒ぐのか、シーラカンスは食べたらどんな味がするのか気になりませんか?
シーラカンスはとても貴重な魚であって、食材にしてしまうなんてとんでもない話ですよね。

しかし、実は世界にはシーラカンスを食べた人の記録が残っているのです。
一時期ではありますが、マダガスカル島付近ではシーラカンスが数多く発見される時期があったため、好奇心からかシーラカンスを食べた人がいるのです。

残っている記録によると「シーラカンスの味は全くなく、世界一不味い魚」だとされているそうです。
そもそも見た目自体がそんなに美味しくなさそうですが、味も見た目通りにあまり美味しくなかったんですね。

以上がシーラカンスの雑学でした、いかがでしたか?

毎日が「今日は何の日?」

■今日は何の日?(12月20日)
デパート開業の日
シーラカンスの日
ブリの日

■明日は何の日?(12月21日)
クロスワードパズルの日
遠距離恋愛の日

■昨日は何の日?(12月19日)
日本人初飛行の日

スポンサーリンク



フォローする