12月20日はブリの日、由来と雑学を紹介【今日は何の日?】

ブリの日今日は何の日
12月20日の「今日は何の日?」は「ブリの日」です。

スポンサーリンク



12月20日はブリの日

今回は「ブリの日」について解説していきます!
なぜ12月20日が「ブリの日」なのかというと、ブリを漢字で書くと「魚+師=鰤」となることから12月の師走とかけて、20日は「ぶ(2)り(0=輪)」の語呂合わせであることが由来となっています。

「寒ブリ」という言葉もあるとおり、冬にはブリに脂がのって美味しくなるため、ブリの旬は冬となっています。
この時期には寿司屋などでも美味しいブリが食べられることから是非ともブリを注文してみてくださいね。

しかし、最近では夏にも美味しいブリが食べられるようになっているのは知っていますか?
一般的にはブリが夏に産卵期を迎えることから夏は味が落ちてしまうしまうのです。

そのことから夏にも美味しく味わえるような「黒瀬ブリ」と呼ばれるブリが登場しました。
黒瀬ブリは宮崎県の串間市の沖合3キロのところにいけすを設置し、その中で育てられています。

このいけすは自由に浮かせたり沈めたりすることが出来るため、普段はいけすを沈めておいて天候の影響などを与えないようにして、魚のストレスを軽減するようにしています。
また、餌にもこだわりがあってブリの成長にあわせて餌の配合を変えることによって、品質の良いブリを育てています。

黒瀬ブリは通常のブリと違って意図的に産卵期もずらされているため、夏の出荷時期に味が落ちることもなく市場に出回っているのです。
夏に黒瀬ブリを見かけたらぜひ味わってみてくださいね。

スポンサーリンク



ブリの雑学

今回は「ブリの日」にちなんで「ブリの雑学」を紹介します。

ブリは地方によって呼び方が変わる

出世魚」と呼ばれる言葉があるとおり、成長する事によって名前が変わる魚がいますよね。
ブリについては出世魚の中でも特に名前が多く、地方によってもその呼び方が様々にあることは知っていましたか?

関東ではブリは「ワカナゴ→ワカシ→イナダ→ワラサ→ブリ」という順番で成長していきます。
しかし、関西では全く違う名前になっていて「モジャコ→ツバス→ハマチ→メジロ→ブリ」というように呼び方が変わっていきます。

更に東北でも呼び方が異なっていて「アオッコ→ショッコ→ワラサ→ブリ」というように呼び方が変わります。
他にここまで地域によって呼び方が変わる「出世魚」は存在しておらず、大変珍しい魚であることがわかりますよね。

キブリとアオブリの違い

ブリの種類で、「キブリ」と「アオブリ」というのを聞いたことはあるでしょうか。
実は呼び方が違うだけで、どちらも同じ種類なのです。

では何が違うのでしょうか。
ブリは海の中を長距離移動する回遊魚ですが、キブリとアオブリではそこに違いがありました。

アオブリは回遊魚らしく海を長距離泳ぎ回ります。
エサを求めて泳ぎ回っている為、しっかりと肥えて、身の肉付きが良いのが特徴です。

一方キブリは、九州などの南海域に棲みついてアオブリのように回遊しないのです。
その為、頭部が大きく、体は痩せています。

つまり、同じ種類なのに回遊するかしないかで呼び方が変わっているのでした。
キブリは回遊しないので回遊魚とは呼び難いかもしれませんね。

以上がブリの雑学でした、いかがでしたか?

毎日が「今日は何の日?」

■今日は何の日?(12月20日)
デパート開業の日
シーラカンスの日
ブリの日

■明日は何の日?(12月21日)
クロスワードパズルの日
遠距離恋愛の日

■昨日は何の日?(12月19日)
日本人初飛行の日

スポンサーリンク



フォローする