12月21日は遠距離恋愛の日、由来と雑学を紹介【今日は何の日?】

遠距離恋愛の日今日は何の日
12月21日の「今日は何の日?」は「遠距離恋愛の日」です。
また「遠距離恋愛の日」にちなんで「人間は結婚相手に親の面影を重ねる」「ケンカを長引かせないためのコツ」など恋愛にまつわる面白い雑学を紹介します。

今日は何の日?

11月21日は…

他にも365日分の記念日1000個以上の雑学を紹介していますので、朝礼やスピーチのネタとしてご活用ください。

【今日は何の日?】365日雑学カレンダー!朝礼やスピーチのネタ帳
今日は何の日?という疑問をカレンダー形式で面白い雑学と一緒に紹介します。 朝礼やスピーチのネタなどに使える365日分の記念日と1000...
スポンサーリンク

12月21日は遠距離恋愛の日

今回は「遠距離恋愛の日」について解説していきます!
なぜ12月21日が「遠距離恋愛の日」なのかというと、「1221」の両側の1が1人を、中の2が近付いた2人を表すということが由来となっています。

「遠距離恋愛の日」についてはFM長野の大岩堅一アナウンサーによって提唱された記念日となります。
また、もともと女子高生の間で都市伝説として噂されていたものが広まったことから提唱された記念日ともいわれています。

この日は「遠距離恋愛中のカップル同士が、クリスマス前に会ってお互いの愛を確かめあう日」となっています。
遠距離恋愛中のカップルはなかなか直接会うことが出来ない事から、寂しい思いをすることが多いのではないでしょうか。

しかし、クリスマスなどのイベントが近付いてきたり、年末などの時期になってくると休みが取りやすくなったりするため、遠距離恋愛をしているカップルにとっては久しぶりにデートをするのにはちょうどいい時期となっています。
残念ながらその年によってはクリスマスやクリスマス・イヴが休日になっていないこともありますが、その前の休日などに予定を合わせてプレゼント交換などをするカップルも多いですよね。

スポンサーリンク

恋愛の雑学

今回は「遠距離恋愛の日」にちなんで「恋愛の雑学」を紹介します。

人間は結婚相手に親の面影を重ねる

実は男性の場合でも女性の場合でも結婚相手を選ぶ際には自分の親の面影を重ねる傾向があるって知っていましたか?
よく「男性は自分の母親みたいな女性、女性の場合は父親のような男性」を結婚相手に選ぶと上手くいくといわれていますよね。

自分を育てた親の影響はとても強く、小さなころから両親の夫婦関係を見て育ってきた子供は、大人になってからもその影響を受けやすいそうなんです。
例えば女性の場合で父親が大好きで尊敬して育ってきた場合には、結婚相手としては自分の父親と同じような人間を自然と選ぶことが多いとされています。

逆に、父親が大嫌いだったという場合には、父親のような人間じゃない結婚相手を選ぶ傾向があり、無意識のうちに結婚相手と自分の親を重ねてしまっているのです。
子供にとって親の影響力はとても強いものだということがわかりますよね。

ケンカを長引かせないためのコツ

どれだけ仲が良いカップルだったとしても、ケンカをしないカップルはほとんどいないですよね。
ケンカなんてしたくないはずなのに一度始まってしまうと長引いてしまって、何日も口をきかなくなるなんてこともあります。

それだけは避けたいという人は仲直りを15分以内にするようにしてください。
心理学者の研究結果によると、15分以上が経過してしまうと謝りにくくなるとされているのです。

ケンカを長引かせたくない場合には、どちらが悪いといった原因探しなどをするのではなく、一旦グッとこらえて15分以内に謝ってみましょう。
そうすることによって相手も謝りやすくなり、ヒートアップしてしまった頭もいったん冷静になるため、仲直りがしやすくなるのです。

以上が恋愛の雑学でした、いかがでしたか?

毎日が「今日は何の日?」

あなたやあなたの大切な人の誕生日は何の記念日ですか?

【今日は何の日?】365日雑学カレンダー!朝礼やスピーチのネタ帳
今日は何の日?という疑問をカレンダー形式で面白い雑学と一緒に紹介します。 朝礼やスピーチのネタなどに使える365日分の記念日と1000...

■今日は何の日?(12月21日)
クロスワードパズルの日
遠距離恋愛の日

■明日は何の日?(12月22日)
冬至
労働組合法制定記念日

■昨日は何の日?(12月20日)
デパート開業の日
シーラカンスの日
ブリの日

スポンサーリンク

フォローする