12月24日はクリスマス・イブ、由来と雑学を紹介【今日は何の日?】

クリスマス・イブ今日は何の日
12月24日の「今日は何の日?」は「クリスマス・イブ」です。

スポンサーリンク



12月24日はクリスマス・イブ

今回は「クリスマス・イブ」について解説していきます!
なぜ12月24日が「クリスマス・イヴ」なのかというと、イエス・キリストの生誕を祝う行事である「キリスト降誕祭」の前日であることが由来となっています。

子供やカップルにとっては一年の中で最もワクワクする日なのではないでしょうか。
ところで、皆さんはクリスマス・イヴの「イヴ」とはどのような意味かを知っていましたか?

イヴについては英語で「eve」と書き、「evening(夜)」が由来となっているため「クリスマスの夜」という意味になります。
キリスト教会暦では日没が1日の始まりであって、クリスマスは24日の日没から25日の日没までとなるので、その間の夜である24日の夜のことをクリスマス・イヴと呼んでいます。

そのため、一般的には12月24日の一日を「クリスマス・イヴ」と思っている人が多いのですが、「イヴ」と呼べるのは夜の間だけであり、日付が変わって12月25日の0時から夜明けまでの間は「クリスマス・イヴ」となるのです。
この時期にはどこを歩いていてもクリスマスムード一色になっていて、少し外を歩いてイルミネーションを眺めているだけでも楽しい気分になりますし、今年のクリスマスも盛り上がるといいですよね。

スポンサーリンク



クリスマスの雑学

今回は「クリスマス・イブ」にちなんで「クリスマスの雑学」を紹介します。

クリスマスプレゼントを靴下に入れる理由

クリスマスプレゼントといえば何故か靴下に入れるイメージが強いですよね。
普段は防寒用であって、そもそもサイズがとても小さくてとてもプレゼントを詰め込めるようなものではないですが、なぜクリスマスプレゼントといえば靴下に入れるものとなったのでしょうか。

実は、サンタクロースのモデルとなった人物である「聖ニコラウス」の伝説が由来となっているのです。
聖ニコラウスは4世紀頃にトルコで司教をしていたそうなのですが、家庭が貧しいことから3人の娘たちを嫁に出してやれない不憫な家庭があると聞きつけました。

そんな三姉妹の事を可哀そうに思った聖ニコラウスは、夜中に自分だとわからないようにマントと頭巾をかぶり、こっそりとその家を訪れました。
そして、窓からこっそりと金貨を投げて寄付したところ、なんと投げ込んだ金貨が靴下の中に入ったのです。

そのことから、サンタクロースのプレゼントは靴下の中に入れられるものとなったんですね。

サンタクロースの衣装が赤白の理由

サンタクロースといえばとても特徴的な赤と白の服を着ていますよね。
そもそもサンタクロースの由来となった三姉妹の言い伝えにもあるように、自分の存在がバレないようにプレゼントをするのがサンタなのですが、赤白ではかなり目立ってしまいますよね。

実は昔はサンタクロースの服の色は統一されておらず、白色のサンタから紫色、青色の服を着たサンタクロースも存在していたそうなんです。
赤白の服を着たサンタクロースはカトリック教会の祭服が赤色をしていたことが由来となっていて、これがあることをきっかけにして全世界に広まっていったそうです。

実はコカコーラの宣伝に起用されたサンタクロースの服装が赤色をしていたため、世界にサンタクロース=赤色というイメージが広まっていったのです。
コーラが販売され始めたころには身体に悪いものだというイメージがあってなかなか売り上げが伸びなかったことから、女性や子供にも良いイメージのサンタクロースを宣伝として使ったのでした。

以上がクリスマスの雑学でした、いかがでしたか?

毎日が「今日は何の日?」

■今日は何の日?(12月24日)
クリスマス・イブ

■明日は何の日?(12月25日)
クリスマス
スケートの日

■昨日は何の日?(12月23日)
天皇誕生日
東京タワー完成の日

スポンサーリンク



フォローする