12月25日はクリスマス、由来と雑学を紹介【今日は何の日?】

クリスマス今日は何の日
12月25日の「今日は何の日?」は「クリスマス」です。
また「クリスマス」にちなんで「なぜソリを引くのがトナカイなの?」「メリークリスマスの意味」などクリスマスにまつわる面白い雑学を紹介します。

今日は何の日?

9月26日は…

他にも365日分の記念日1000個以上の雑学を紹介していますので、朝礼やスピーチのネタとしてご活用ください。

【今日は何の日?】365日雑学カレンダー!朝礼やスピーチのネタ帳
今日は何の日?という疑問をカレンダー形式で面白い雑学と一緒に紹介します。 朝礼やスピーチのネタなどに使える365日分の記念日と1000...
スポンサーリンク

12月25日はクリスマス

今回は「クリスマス」について解説していきます!
なぜ12月25日が「クリスマス」なのかというと、12月25日がイエス・キリストが生まれた日であるということが由来となっています。

しかし、実際はキリストが12月25日に生まれたという確証はなく、昔はキリスト教の各宗派ではそれぞれで日付を定めてキリストの生誕を祝っていたそうです。
4世紀になって教皇ユリウス1世が「イエスの生誕の日は12月25日」と定めたことで、12月25日が「クリスマス」として広まっていくこととなりました。

冬至の時期には異教の祭りが重なっていることから、キリスト教側が布教拡大を狙ってこの日をキリスト生誕の日としたとされています。
日本でクリスマスが祝われるようになったのは西洋文化が日本に入り始めた明治時代のことだったとされています。

日本初のクリスマスパーティーを行ったのは1875(明治8)年に原胤昭が設立した原女学校だったそうです。
その年に開かれたクリスマスパーティーでは日本で初めてのサンタクロースも登場したそうで、この時に登場したサンタクロースの格好は、袴に大小の刀を指して鬘をかぶった日本風の装いをしていたとされています。

クリスマスは意外と古くから日本の風習として根付いていたんですね。

スポンサーリンク

クリスマスの雑学

今回は「クリスマス」にちなんで「クリスマスの雑学」を紹介します。

なぜソリを引くのがトナカイなの?

サンタクロースはトナカイが引くソリに乗って空を飛び、クリスマスプレゼントを配っているイメージがありますよね。
しかし、犬ぞりというものもありますし、たくさんのプレゼントと人間を乗せたソリを引くのであれば馬などがいますし、なぜトナカイが抜擢されたのかは少し不思議ですよね。

実はトナカイがソリを引く役として抜擢されたのにはサンタクロースの出身地が関係しているんです。
サンタクロースは北欧に住んでいるとされていて、北欧にはサミー人というトナカイと一緒に生活をしている遊牧民族がいます。

これがサンタクロースのイメージと結びついてソリを引くのにトナカイが抜擢されたとされています。
ちなみに、ソリを引くトナカイは9匹いてそれぞれに名前があります。

トナカイのそれぞれの名前は「ルドルフ」「ダッシャー」「ダンサー」「プランサー」「ヴィクゼン」「コメット」「キュープッド」「ドナー」「ブリッツェン」となっていて、「ルドルフ」については赤鼻のトナカイとしても有名です。

メリークリスマスの意味

クリスマスの掛け声といえば「メリークリスマス!」ですよね。
しかし、いまいち「メリークリスマス」という言葉の意味をわかっていないという人も多いのではないでしょうか。

「メリー」については英語で「Merry」と書き、意味は「楽しい」や「陽気な」のようになっています。
つまり、「良いクリスマスを過ごせますように!」と言ってくれているということですね。

日本でも年末に「良いお年を!」と言いますが、それのクリスマバージョンと考えればわかりやすいかと思います。
以上がクリスマスの雑学でした、いかがでしたか?

毎日が「今日は何の日?」

あなたやあなたの大切な人の誕生日は何の記念日ですか?

【今日は何の日?】365日雑学カレンダー!朝礼やスピーチのネタ帳
今日は何の日?という疑問をカレンダー形式で面白い雑学と一緒に紹介します。 朝礼やスピーチのネタなどに使える365日分の記念日と1000...

■今日は何の日?(12月25日)
クリスマス
スケートの日

■明日は何の日?(12月26日)
プロ野球誕生の日
ボクシングデー

■昨日は何の日?(12月24日)
クリスマス・イブ

スポンサーリンク

フォローする