12月25日はスケートの日、由来と雑学を紹介【今日は何の日?】

スケートの日今日は何の日
12月25日の「今日は何の日?」は「スケートの日」です。
また「スケートの日」にちなんで「フィギュアスケートの名前の由来」「競技によって氷の温度が違う」などスケートにまつわる面白い雑学を紹介します。

今日は何の日?

9月26日は…

他にも365日分の記念日1000個以上の雑学を紹介していますので、朝礼やスピーチのネタとしてご活用ください。

【今日は何の日?】365日雑学カレンダー!朝礼やスピーチのネタ帳
今日は何の日?という疑問をカレンダー形式で面白い雑学と一緒に紹介します。 朝礼やスピーチのネタなどに使える365日分の記念日と1000...
スポンサーリンク

12月25日はスケートの日

今回は「スケートの日」について解説していきます!
なぜ12月25日が「スケートの日」なのかというと、1861(文久元)年12月25日に函館に滞在していたイギリスの探検家トーマス・ライト・ブラキストンが、日本で初めてスケートをしたことが由来となっています。

「スケートの日」については日本スケート場協会によって1982(昭和57)年に制定された記念日となります。
実は1861年よりも前にスケートをしたとされている説も残っていて、1792(寛政4)年にロシアの使節ラクスマン一行が根室で一冬を過ごした時に、結氷した根室湾内で滑ったのが日本初であるとする説も存在しています。

スケートは西洋風のイメージが強いため、江戸時代の時点で既に日本にスケートがあったというのはとても意外ですよね。
また、1877年にも札幌農学校に教師として赴任していたアメリカ人であるブルックスによってスケートが紹介されたのが日本初という説も残っていて、日本で初めてスケートが滑られたのかははっきりしていないそうです。

その後、日本で競技としてスケートが始まったのは1909年のことであり、長野県の諏訪湖で日本で最初のスピードスケートの大会が開催されました。
現在では冬の花形競技となっているフィギュアスケートについても、1922年には日本初の大会が開かれているそうです。

スポンサーリンク

スケートの雑学

今回は「スケートの日」にちなんで「スケートの雑学」を紹介します。

フィギュアスケートの名前の由来

スピードスケートに関しては速さを競うものであることから「スピードスケート」という競技名に違和感はありませんよね。
しかし、フィギュアスケートに関してはなぜ「フィギュア」という単語が使われるのかが不思議です。

人形のような奇麗な格好で滑ることから「フィギュアスケート」だと考えている人も多いかと思いますが、実は違います。
そもそも昔のフィギュアスケートは現在と全く違うルールの競技であったため、そのことが由来となっているのです。

フィギュアスケートは元々は華麗に踊るスポーツなのではなく、氷のリンクの上にどれだけ奇麗に図形を描くことが出来るかを競うスポーツだったのです。
そのため、「図形」という意味から「フィギュア」という言葉が採用されたのですが、いつしか踊りを取り入れるようになって、現在のようなスポーツへと変化していったのでした。

競技によって氷の温度が違う

スケートには主にスピードスケートとフィギュアスケートという競技がありますが、実は競技によって氷の温度を変えているって知っていましたか?
なんと、スピードスケートとフィギュアスケートのリンクでは氷の温度が2度も違っているそうなんです。

なぜ氷の温度を調整しているのかというと、競技によって使われるスケート靴が違うからなんですね。
スピードスケートで使われるスケート靴の刃は、速く滑るために刃が鋭く氷との摩擦がなるべく少なくなるようになっています。

そのため、氷についてもスケート靴との摩擦を極力少なくするようにするため、マイナス5度ぐらいの硬い氷にしているそうです。
逆にフィギュアスケートの靴は氷に噛みやすいような刃になっているため、氷も刃が噛み合いやすいように柔らかめのマイナス3度ぐらいに調節しているのでした。

以上がスケートの雑学でした、いかがでしたか?

毎日が「今日は何の日?」

あなたやあなたの大切な人の誕生日は何の記念日ですか?

【今日は何の日?】365日雑学カレンダー!朝礼やスピーチのネタ帳
今日は何の日?という疑問をカレンダー形式で面白い雑学と一緒に紹介します。 朝礼やスピーチのネタなどに使える365日分の記念日と1000...

■今日は何の日?(12月25日)
クリスマス
スケートの日

■明日は何の日?(12月26日)
プロ野球誕生の日
ボクシングデー

■昨日は何の日?(12月24日)
クリスマス・イブ

スポンサーリンク

フォローする