12月26日はボクシングデー、由来と雑学を紹介【今日は何の日?】

ボクシングデー今日は何の日
12月26日の「今日は何の日?」は「ボクシングデー」です。
また「ボクシングデー」にちなんで「サンタクロースには家族がいる」「クリスマスツリーを飾る由来」などクリスマスにまつわる面白い雑学を紹介します。

今日は何の日?

9月26日は…

他にも365日分の記念日1000個以上の雑学を紹介していますので、朝礼やスピーチのネタとしてご活用ください。

【今日は何の日?】365日雑学カレンダー!朝礼やスピーチのネタ帳
今日は何の日?という疑問をカレンダー形式で面白い雑学と一緒に紹介します。 朝礼やスピーチのネタなどに使える365日分の記念日と1000...
スポンサーリンク

12月26日はボクシングデー

今回は「ボクシングデー」について解説していきます!
なぜ12月26日が「ボクシングデー」なのかというと、クリスマスの翌日であり教会が貧しくてプレゼントがもらえない人のために寄付を募り、寄付されたプレゼントの箱を開ける日が12月26日であることが由来となっています。

スポーツのボクシングと綴りが一緒のため誤解されることもありますが、スポーツのボクシングとは関係のない記念日です。
「ボクシングデー」は日本ではあまり馴染みのないものかもしれませんが、イギリスやオーストラリア、ニュージーランド、カナダ、ケニア、南アフリカ共和国、香港、ナミビアなどの国々で見られる風習となっています。

現在ではクリスマスも仕事に追われる使用人などに家族と過ごさせるための日となっていて、イギリス、カナダ、オーストラリア、ニュージーランド、スイスでは公休日となっています。
そのため、使用人を雇っている一家の人たちは使用人の手を借りずにこの日は全て自分の手で家事をしなければならない日となります。

その他にも、クリスマスにプレゼントの配達を行っている配達員であったり、クリスマスに働かなければならなかった人に労いの意味をこめてプレゼントをする日にもなっています。
日本にもクリスマスにも関わらず働かなきゃいけないサービス業の人がたくさんいるため、日本でも広まってほしいですよね。

スポンサーリンク

クリスマスの雑学

今回は「ボクシングデー」にちなんで「クリスマスの雑学」を紹介します。

サンタクロースには家族がいる

あまりイメージが無いかもしれませんが、実はサンタクロースにも家族がいることを知っていましたか?
日本ではほとんど見かけることはないですが、海外ではサンタクロースの奥さんである「ミセス・クロース」というキャラクターもクリスマスシーズンに見かけるんです。

この「ミセス・クロース」についてもサンタクロースと同様に赤と白の服を着ていて、白髪で優しそうなお婆さんという見た目をしています。
サンタクロースがプレゼントを配っている間に、奥さんである「ミセス・クロース」も子供たちのためにクッキーを焼いたり、子供たちのためにおもちゃを用意したり、ソリを引くトナカイなどの世話などをしているそうです。

「ミセス・クロース」の作業を手伝う妖精たちもいるそうで、クリスマスシーズンには子供たちのためにせっせと働いているんですね。

クリスマスツリーを飾る由来

クリスマスツリーを飾ることについてもキリスト教の風習と関係があるように思えますが、実はもともとはクリスマスにクリスマスツリーを飾る風習はなかったのです。
クリスマスにツリーを飾るようになったきっかけは、現在の北ヨーロッパに住んでいた原住民が冬至の祭りにカシの木を飾っていたことが由来となっています。

カシの木は真冬の過酷な環境でも枯れることがなく青々とした木であることから、永遠に枯れることのない命の象徴として考えられていました。
そんな原住民にキリスト教を布教しようとした際に、カシの木がモミの木となっていき、木の三角形の頂点がキリストであり、下の2つの頂点が人間と生霊だと教えられました。

原住民達にキリスト教の信仰が広まっていったことから、そのままクリスマスにはクリスマスツリーが飾られるような風習となったのでした。
以上がクリスマスの雑学でした、いかがでしたか?

毎日が「今日は何の日?」

あなたやあなたの大切な人の誕生日は何の記念日ですか?

【今日は何の日?】365日雑学カレンダー!朝礼やスピーチのネタ帳
今日は何の日?という疑問をカレンダー形式で面白い雑学と一緒に紹介します。 朝礼やスピーチのネタなどに使える365日分の記念日と1000...

■今日は何の日?(12月26日)
プロ野球誕生の日
ボクシングデー

■明日は何の日?(12月27日)
ピーター・パンの日

■昨日は何の日?(12月25日)
クリスマス
スケートの日

スポンサーリンク

フォローする