12月27日はピーター・パンの日、由来と雑学を紹介【今日は何の日?】

ピーター・パンの日今日は何の日
12月27日の「今日は何の日?」は「ピーター・パンの日」です。
また「ピーター・パンの日」にちなんで「ピーター・パンの恐ろしい設定」「フック船長は給仕係だった」などピーター・パンにまつわる面白い雑学を紹介します。

今日は何の日?

11月25日は…

他にも365日分の記念日1000個以上の雑学を紹介していますので、朝礼やスピーチのネタとしてご活用ください。

【今日は何の日?】365日雑学カレンダー!朝礼やスピーチのネタ帳
今日は何の日?という疑問をカレンダー形式で面白い雑学と一緒に紹介します。 朝礼やスピーチのネタなどに使える365日分の記念日と1000...
スポンサーリンク

12月27日はピーター・パンの日

今回は「ピーター・パンの日」について解説していきます!
なぜ12月27日が「ピーター・パンの日」なのかというと、1904(明治37)年12月27日にイギリスの劇作家ジェームス・バリーの童話劇「ピーターパン」がロンドンで初演されたことが由来となっています。

ピーター・パンは現在では知らない人がいないほどの名作になっていますよね。
ピーター・パンを知らない人のためにストーリーを紹介すると、ネバーランドに住んでいる永遠に年を取らない少年が、妖精のティンカーベルと一緒に冒険をするストーリーとなっています。

なぜピーター・パンが永遠に年を取らないのかというと、きっかけはなんと迷子になってしまったからなんです。
ピーター・パンは幼少のころは普通の赤ん坊だったのですが、ロンドンのケンジントン公園で乳母車に乗せられて散歩をしていたところ、なんと乳母車から落下してしまい、しかもベビーシッターに見つけてもらえずに失踪してしまうのです。

そして、迷子となったピーター・パンはネバーランドへと移り住む事となって年を取らなくなったのでした。
ピーター・パンはディズニー作品になったり、ミュージカルや映画になるなど、100年以上経った今でも多くの人に楽しまれている作品となっています。

スポンサーリンク

ピーター・パンの雑学

今回は「ピーター・パンの日」にちなんで「ピーター・パンの雑学」を紹介します。

ピーター・パンの恐ろしい設定

ピーター・パンは子供から大人まで楽しめるストーリーとなっていますが、実は恐ろしい設定があるって知っていましたか?
ピーター・パンの住んでいるネバーランドには、ピーター・パンと同じように親とはぐれてしまった子供たちである「ロストボーイ」がいますよね。

そして、ピーター・パンはその子供たちのリーダーのような役割をしているのですが、そもそもなぜネバーランドには子供しかいないのか不思議に思ったことはありませんか?
なぜなら、子供たちが大きくなるとピーター・パンがその手で子供たちを殺しているからなんです。

これは都市伝説などではなく、実際に作者のジェームス・マシュー・バリーによって書かれた1911年の「ピーター・パンとウェンディ」という作品に登場する設定なのです。
この作品の中で、子供たちが大きくなると殺していくという記述がしっかりと残されています。

フック船長は給仕係だった

ピーター・パンの宿敵として登場する海賊のフック船長でしたが、昔は好青年であって船の給仕係を担当していたという設定は知っていましたか?
実はピーター・パンの物語の20年前を舞台にした「ティンカーベルとネバーランドの海賊船」という作品があるのですが、その中で青年のころのフック船長が登場します。

この作品の中ではまだフック船長の代名詞とも呼べる左手が「義手(フック)」にはなっておらず、普通の左手をしていました。
更にその姿も優しそうな好青年として書かれていて、名前も「ジェームズ」という名前を名乗っていたのです。

そのあまりのフック船長との見た目の違いに気がつかない人も多いのかもしれませんね。
以上がピーター・パンの雑学でした、いかがでしたか?

毎日が「今日は何の日?」

あなたやあなたの大切な人の誕生日は何の記念日ですか?

【今日は何の日?】365日雑学カレンダー!朝礼やスピーチのネタ帳
今日は何の日?という疑問をカレンダー形式で面白い雑学と一緒に紹介します。 朝礼やスピーチのネタなどに使える365日分の記念日と1000...

■今日は何の日?(12月27日)
ピーター・パンの日

■明日は何の日?(12月28日)
身体検査の日
ディスクジョッキーの日

■昨日は何の日?(12月26日)
プロ野球誕生の日
ボクシングデー

スポンサーリンク

フォローする