12月27日は浅草仲見世記念日、由来と雑学を紹介【今日は何の日?】

浅草仲見世記念日今日は何の日
12月27日の「今日は何の日?」は「浅草仲見世記念日」です。
また「浅草仲見世記念日」にちなんで「浅草に芋を使ったお菓子が多い理由」「浅草には人力車専用の標識が存在する」などにまつわる面白い雑学を紹介します。

今日は何の日?

12月19日は…

他にも365日分の記念日1000個以上の雑学を紹介していますので、朝礼やスピーチのネタとしてご活用ください。

【今日は何の日?】365日雑学カレンダー!朝礼やスピーチのネタ帳
今日は何の日?という疑問をカレンダー形式で面白い雑学と一緒に紹介します。 朝礼やスピーチのネタなどに使える365日分の記念日と1000...
スポンサーリンク

12月27日は浅草仲見世記念日

今回は「浅草仲見世記念日」について解説していきます!
なぜ12月27日が「浅草仲見世記念日」なのかというと、1885(明治18)年12月27日に東京の浅草に仲見世が新装開業したことが由来となっています。

浅草の仲見世は関東圏に住んでいない人にはあまり馴染みのないものかもしれませんが、地元では古くから存在する歴史ある商店街となっています。
仲見世という名前では知らなくても、雷門から浅草寺へと続く商店街のことと言えば伝わるかもしれませんね。

現在でも浅草の観光スポットとして連日にぎわいを見せていますが、1885年の新装開業時にも既に東側に82店舗、西側に57店舗と合計で139店舗もお店がありました。
当時から仲見世がとても賑わっていたということが想像出来ますよね。

しかし、1923(大正12)年に発生した関東大震災の際には、ほとんどの店舗がレンガ作りであったことから仲見世が倒壊してしまいました。
その後、仲見世の復興作業が進められる際には鉄筋の建物として店舗が復活していき、現在の仲見世商店街として姿を残しています。

12月27日の「浅草仲見世記念日」には是非とも足を運んでみてくださいね。

スポンサーリンク

浅草の雑学

今回は「浅草仲見世記念日」にちなんで「浅草の雑学」を紹介します。

浅草に芋を使ったお菓子が多い理由

皆さんは浅草のお土産と言ったら何を想像しますか?
おそらく多くの人は雷おこしを想像されるかもしれません。

しかし、実は浅草の銘菓には実は芋を使ったお菓子が非常に多いのです。
浅草寺エリアだけでも芋のお菓子を扱ったお店がなんと20店舗近くもあるそうで、なかでも「興神」の大学芋などが有名ですよね。

なぜそこまで芋のお菓子が多いのかというと、浅草の立地と歴史に深い関係があります。
浅草寺エリアのすぐそばには隅田川が流れていることから、昔は隅田川の上流にある現在の埼玉県の川越あたりから頻繁にサツマイモを運搬していました。

現在ではサツマイモの入手も簡単になりましたが、当時からの名残りで現在も浅草には芋を扱ったお菓子を置いたお店がたくさん残っているのです。

浅草には人力車専用の標識が存在する

浅草には観光客向けに人力車がせわしなく走り回っていますよね。
お客さんを乗せて観光案内までしてくれるなんてすごい体力ですよね。

そんな人力車が盛んに走り回っている浅草には人力車専用の標識があるって知っていましたか?
人力車の文化が根付いているからこそ、通常の道路交通法に当てはまらないように、例外的に人力車を扱う標識があるのです。

例えば「駐停車禁止」などの看板があると人力車も停められなくなるため「人力車を除く」という標識が存在しています。
人力車を安全に運航して楽しく浅草を観光してもらうために、国も人力車に協力しているということですね。

以上が浅草の雑学でした、いかがでしたか?

毎日が「今日は何の日?」

あなたやあなたの大切な人の誕生日は何の記念日ですか?

【今日は何の日?】365日雑学カレンダー!朝礼やスピーチのネタ帳
今日は何の日?という疑問をカレンダー形式で面白い雑学と一緒に紹介します。 朝礼やスピーチのネタなどに使える365日分の記念日と1000...

■今日は何の日?(12月27日)
ピーター・パンの日
浅草仲見世記念日

■明日は何の日?(12月28日)
身体検査の日
ディスクジョッキーの日

■昨日は何の日?(12月26日)
プロ野球誕生の日
ボクシングデー

スポンサーリンク

フォローする