12月28日は身体検査の日、由来と雑学を紹介【今日は何の日?】

身体検査の日今日は何の日
12月28日の「今日は何の日?」は「身体検査の日」です。
また「身体検査の日」にちなんで「座高検査は完全に廃止された」「レントゲン撮影にバリウムを飲む理由」など身体検査にまつわる面白い雑学を紹介します。

今日は何の日?

11月25日は…

他にも365日分の記念日1000個以上の雑学を紹介していますので、朝礼やスピーチのネタとしてご活用ください。

【今日は何の日?】365日雑学カレンダー!朝礼やスピーチのネタ帳
今日は何の日?という疑問をカレンダー形式で面白い雑学と一緒に紹介します。 朝礼やスピーチのネタなどに使える365日分の記念日と1000...
スポンサーリンク

12月28日は身体検査の日

今回は「身体検査の日」について解説していきます!
なぜ12月28日が「身体検査の日」なのかというと、1888(明治21)年12月28日に文部省(現在の文部科学省)がすべての学校に毎年4月に生徒の活力検査(身体検査)を実施するよう訓令したことが由来となっています。

現在では当たり前のように行われている身体検査が100年以上前から行われているのは驚きですよね。
社会人になってからの身体検査は身体に異常がないかを確かめるものになっていますが、子供のころの身体検査はちょっとしたイベントのような感じがしましたよね。

自分の身長がどれぐらい伸びたのか友達と比べあっこをしてみたり、体重を気にして絶対に他の人には見せない女の子とかもいましたよね。
現代では昔に比べて食べ物にも困らなくなって、ほとんどの家庭で栄養のあるものを食べられるようになったことから、子供の発育も良くなっているそうです。

1901年ごろの小学6年生の男子の平均身長が127.9cmだったのに対して、100年後の2000年には145.1cmになっていることから、昔の日本に比べてかなり子供の発育状態が良くなっていることがわかります。
子供のうちにいっぱい食べていっぱい運動をして、健康的な身体に成長して欲しいですよね。

スポンサーリンク

身体検査の雑学

今回は「身体検査の日」にちなんで「身体検査の雑学」を紹介します。

座高検査は完全に廃止された

座高が高いと足が短いということになるので、かなり座高を気にしていた人も多いのではないでしょうか。
実は2016年になって身体検査の項目から座高が完全に廃止されたって知っていましたか?

そもそもなぜ座高の測定が無くなってしまったのかというと、座高を測定することに意味がないからなんです。
座高を測ることによってその子供の健康状態であったり発育状態を判断する材料となれば良いのですが、座高を数値化しても特に生かすことが出来ないため、廃止となってしまったそうです。

それではなぜそもそも意味がないのに座高が測定されていたのかというと、昔は上半身を測定することによって胃や腸などの内臓の発達具合を確かめられると考えていたからなんですね。
しかし、栄養が行き届くようになった現在では特に座高を測る意味も無くなってしまったのでした。

レントゲン撮影にバリウムを飲む理由

ある程度の年齢になってくると身体検査の項目にバリウムを使ったレントゲン撮影が追加されますよね。
バリウムを飲み干さなければならず、その味のまずさから毎年のように苦労している人も多いですよね。

そもそもなぜレントゲン撮影をするためにバリウムを飲まなければならないのかというと、人間の身体と違ってバリウムにはX線を通さない性質を持っているからなんです。
そのため、大量のバリウムを飲み干すことによって胃腸の形を撮影しているんですね。

もっと美味しいバリウムを作ってほしいという人もいるかもしれませんが、美味しくしてしまうと胃腸の働きが活発になってしまうことから、あえて不味く作っているそうです。
現在ではメロンやイチゴの味のバリウムも登場しているそうですが、今後もバリウムを使ったレントゲン撮影には苦労しそうですね。

以上が身体検査の雑学でした、いかがでしたか?

毎日が「今日は何の日?」

あなたやあなたの大切な人の誕生日は何の記念日ですか?

【今日は何の日?】365日雑学カレンダー!朝礼やスピーチのネタ帳
今日は何の日?という疑問をカレンダー形式で面白い雑学と一緒に紹介します。 朝礼やスピーチのネタなどに使える365日分の記念日と1000...

■今日は何の日?(12月28日)
身体検査の日
ディスクジョッキーの日

■明日は何の日?(12月29日)
大納会
シャンソンの日

■昨日は何の日?(12月27日)
ピーター・パンの日

スポンサーリンク

フォローする