12月29日はシャンソンの日、由来と雑学を紹介【今日は何の日?】

シャンソンの日今日は何の日
12月29日の「今日は何の日?」は「シャンソンの日」です。

スポンサーリンク



12月29日はシャンソンの日

今回は「シャンソンの日」について解説していきます!
なぜ12月29日が「シャンソンの日」なのかというと、1990(平成2)年12月29日に銀座のシャンソン喫茶の老舗「銀巴里」が閉店したことが由来となっています。

「シャンソンの日」については、40年近くの歴史のあるシャンソン喫茶である「銀巴里」が閉店することを寂しく思った人たちによって制定された記念日となります。
そもそも皆さんは「シャンソン」についてはどういう歌の事を指すのかを知っていますか?

シャンソンは実はフランス語であって「歌」という意味の言葉となり、ポップスやジャズといった特定のジャンルを指すものではなく、フランス語の歌謡曲全般を指します。
本来の意味ではフランス語の歌謡曲ということになりますが、昨今の日本では1960年代までに流行したフランス歌謡曲を指してシャンソンと呼ぶことが多いです。

また、フランス語で歌われておらず、日本語でカバーされて歌われているものに関してもシャンソンに分類されています。
現在でもシャンソン喫茶を営業しているお店はあるみたいなので、ぜひ「シャンソンの日」にはお近くのシャンソン喫茶に足を運んでみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク



歌の雑学

今回は「シャンソンの日」にちなんで「歌の雑学」を紹介します。

猫ふんじゃったはフランスではカツレツ

日本ではおそらく知らない人はいないであろう童謡に「猫ふんじゃった」という曲がありますよね。
鍵盤楽器を習った事が無いという人でもなぜか「猫ふんじゃった」だけは弾ける人が多いですよね。

この日本でも有名な「猫ふんじゃった」については、実は海外では全く曲名が違うって知っていましたか?
例えばフランスでは「猫ふんじゃった」ではなく「カツレツ」という曲名になっているそうです。

確かにナイフとフォークでカツレツを食べる様子が鍵盤楽器を演奏している姿に見えなくもないですよね。
さらに、スペインでは「チョコレート」という曲名となっていて、ドイツやベルギーといった国々では「ノミのワルツ」デンマークでは「王女の足」という曲名で知られています。

同じ曲なのにも関わらず、ここまで世界で違う曲名で知られているのは面白いですよね。

ハッピーバースデーは替え歌

世界で最も歌われている曲とされているのは「ハッピーバースデー」なんですが、そもそもこの「ハッピーバースデー」は替え歌だって知っていましたか?
元々は曲のタイトルも違って歌詞も全然違ったのですが、勝手に2番の歌詞として追加されて、それが世界的に有名になったのです。

「ハッピーバースデー」はもともとは「Good morning all」という幼稚園の朝の挨拶用に作られた曲でした。
作曲をしたのはアメリカ人のヒル姉妹という人物だったとされていて、幼稚園の園長をしていた妹のパティが作詞を担当をして、作曲は姉のミルドレッドが担当していました。

その後、1924年には出版されたとある歌集にヒル姉妹の「Good morning all」が無断で掲載され、しかも2番の歌詞まで書き加えられていたのです。
これが世界的に有名となった「Happy birthday to you」という歌詞であり、世界的にこれが広まっていったのでした。

以上が歌の雑学でした、いかがでしたか?

毎日が「今日は何の日?」

■今日は何の日?(12月29日)
大納会
シャンソンの日

■明日は何の日?(12月30日)
地下鉄記念日

■昨日は何の日?(12月28日)
身体検査の日
ディスクジョッキーの日

スポンサーリンク



フォローする