12月30日は地下鉄記念日、由来と雑学を紹介【今日は何の日?】

地下鉄記念日今日は何の日
12月30日の「今日は何の日?」は「地下鉄記念日」です。
また「地下鉄記念日」にちなんで「地下鉄に上りと下りはあるの?」「地下鉄は大正時代から存在していた」など地下鉄にまつわる面白い雑学を紹介します。

今日は何の日?

9月26日は…

他にも365日分の記念日1000個以上の雑学を紹介していますので、朝礼やスピーチのネタとしてご活用ください。

【今日は何の日?】365日雑学カレンダー!朝礼やスピーチのネタ帳
今日は何の日?という疑問をカレンダー形式で面白い雑学と一緒に紹介します。 朝礼やスピーチのネタなどに使える365日分の記念日と1000...
スポンサーリンク

12月30日は地下鉄記念日

今回は「地下鉄記念日」について解説していきます!
なぜ12月30日が「地下鉄記念日」なのかというと、1927(昭和2)年12月30日に上野~浅草に日本初の地下鉄(現在の東京地下鉄銀座線)が開通したことが由来となっています。

実は1923年には新橋~上野の区間で地下鉄を開通させる計画となっていまて、実際に工事施工の認可を受けていたのですが、同年に発生した関東大震災の影響によって開通させる区間を上野~浅草へと変更を余儀なくされました。
その後、1925年9月27日に着工されて約2年という歳月をかけて日本初の地下鉄の開通に向けて工事が行われることになりました。

当時、アジアには地下鉄が存在していなかったため「東洋唯一の地下鉄道」のキャッチコピーで有名になり、開通した当日には長蛇の列が出来てにぎわいを見せたそうです。
距離は2.2kmほどであって、運賃は10銭となっていました。

このわずか2.2kmという短い区間ではありましたが、その時代から新しいものが大好きな日本人であったためか、開通日には10万人もの人が乗車をしたそうです。
地下鉄の開通後である1930年1月1日には万世橋、1931年11月21日には神田まで延伸され、1934年6月21日には当初予定していた上野までの路線が開通することになりました。

スポンサーリンク

地下鉄の雑学

今回は「地下鉄記念日」にちなんで「地下鉄の雑学」を紹介します。

地下鉄に上りと下りはあるの?

例えば関東を走っているJRなどの場合は、東京駅など都心へ向かっていく電車がいわゆる「上り電車」となっていて、逆に都心から遠ざかっていく電車のことを「下り電車」と呼んでいますよね。
それでは、同様に関東に走っている地下鉄には「上り下り」があるのでしょうか。

実は地下鉄のアナウンスなどでも「上り線」や「下り線」という言葉を聞かないように、地下鉄には「上り下り」はないのです。
そのため、地下鉄の職員は「A線」「B線」という言葉を使って地下鉄を区別を行っているそうです。

これは建設を始めた場所が起点となっていて、起点から出ていく地下鉄が「A線」と呼ばれていて、逆に起点へと向かっていく地下鉄を「B線」と呼んでいます。
しかし、どこが起点となっているかがわからない一般の利用者にとっては、「A線」「B線」という言葉はあまりピンとこないですよね。

地下鉄は大正時代から存在していた

1927(昭和2)年12月30日に日本初の地下鉄が開通したことを紹介しましたが、実はこれよりも以前に地下鉄は存在していたのです。
1927(昭和2)年12月30日に開通した地下鉄に関しては、日本初の「交通機関としての地下鉄」だったんですね。

実は1915(大正4)年の時点で貨物用の地下鉄が東京駅の地下に開通していたのです。
その地下鉄は郵便物貨物専用の地下鉄であって、高輪南町~浅草公園広小路と車坂町~南千住町を結ぶ15.3kmの地下鉄だったそうです。

その後も貨物用の地下鉄はいくつか開通しているため、交通機関としての地下鉄が誕生するずっと前から地下鉄は運用されていたんですね。
以上が地下鉄の雑学でした、いかがでしたか?

毎日が「今日は何の日?」

あなたやあなたの大切な人の誕生日は何の記念日ですか?

【今日は何の日?】365日雑学カレンダー!朝礼やスピーチのネタ帳
今日は何の日?という疑問をカレンダー形式で面白い雑学と一緒に紹介します。 朝礼やスピーチのネタなどに使える365日分の記念日と1000...

■今日は何の日?(12月30日)
地下鉄記念日

■明日は何の日?(12月31日)
大晦日

■昨日は何の日?(12月29日)
大納会
シャンソンの日

スポンサーリンク

フォローする