12月31日は大晦日、由来と雑学を紹介【今日は何の日?】

大晦日今日は何の日
12月31日の「今日は何の日?」は「大晦日」です。
また「大晦日」にちなんで「実は大晦日にやってはいけないこと」「年越しにそばを食べる理由」など大晦日にまつわる面白い雑学を紹介します。

今日は何の日?

9月27日は…

他にも365日分の記念日1000個以上の雑学を紹介していますので、朝礼やスピーチのネタとしてご活用ください。

【今日は何の日?】365日雑学カレンダー!朝礼やスピーチのネタ帳
今日は何の日?という疑問をカレンダー形式で面白い雑学と一緒に紹介します。 朝礼やスピーチのネタなどに使える365日分の記念日と1000...
スポンサーリンク

12月31日は大晦日

今回は「大晦日」について解説していきます!
なぜ12月31日が「大晦日」なのかというと、もともと「晦日(みそか、つごもり)」については「三十日(みそか)」と書いていて、その月の30日を意味する言葉でしたが、そこから転じて月末を意味する言葉となりました。

12月31日は年内の最後の晦日であることから「大晦日」と呼ばれるようになったそうです。
もともと「晦日(つごもり)」と呼ばれていたのも「月篭り」という言葉が転じたものであり、旧暦では毎月1日が新月であっため、その前日を「つごもり」と呼んでいたことが由来となっています。

最近では大晦日の本来の目的が忘れられつつありますが、大晦日はこれから新年を迎えるのにあたって、新年の年神様を迎えるための行事となっています。
日本では古来から年神様を稲の実りをもたらす神として考えていたため、来年の豊作を願って年神様を迎えられるようにしていたんですね。

現在では家族団欒をしてご馳走を食べたり、紅白歌合戦を見たり、年越しそばを食べるなどして、その年にあった出来事を振り返ったり、来年に向けての抱負を考える日にもなっていますよね。
家族ではなくても、友人などと一緒に神社へ行って新年へのカウントダウンを行い、そのまま初詣に行くという人も多いのではないでしょうか。

来年の目標や願い事などを明確して、来年もいい年になるようにしたいですよね。

スポンサーリンク

大晦日の雑学

今回は「大晦日」にちなんで「大晦日の雑学」を紹介します。

実は大晦日にやってはいけないこと

実は大晦日にやってはいけないことがあるって知っていましたか?
年末が近づいてくると色々と忙しくなってきて、12月31日に慌てて正月飾りを飾ったりしていませんか?

実は大晦日の日に正月飾りを飾ることは「一夜飾り」と呼ばれていて、新年の年神様に対して失礼な行為とされているのです。
そのため、正月飾りについては12月30日までに飾っておくのがよいとされています。

また、元旦にすぐに餅を食べたりするために大晦日に餅をついて飾ることも「一夜餅」と呼ばれていて、これも避けた方がよいとされています。
12月31日に餅をついて飾るのは年神様への誠意がかけていたり、葬儀の飾り方を連想することから、古来から避けられていたんですね。

年越しにそばを食べる理由

大晦日の風習として年越しそばを食べることが定番となっていますよね。
日本には縁起が良いとされている食べ物がいくつかありますが、そもそもなぜそばが大晦日に食べられているのでしょうか。

年越しそばには様々な意味が込められていますが、まずはそばが長い食べ物であることから「そばのように長く生きる」という願がかけられていることが由来となっています。
また、鎌倉時代に博多のとあるお寺でそばをふるまったところ、そばを食べた人の運気が上昇したという言い伝えがあり、そばがとても縁起の良い食べ物であることも由来となっています。

また、そばを噛みきるということから、その年の1年の苦労などから縁を切って新年を迎えられるようにするという意味合いもあります。
以上が大晦日の雑学でした、いかがでしたか?

毎日が「今日は何の日?」

あなたやあなたの大切な人の誕生日は何の記念日ですか?

【今日は何の日?】365日雑学カレンダー!朝礼やスピーチのネタ帳
今日は何の日?という疑問をカレンダー形式で面白い雑学と一緒に紹介します。 朝礼やスピーチのネタなどに使える365日分の記念日と1000...

■今日は何の日?(12月31日)
大晦日

■明日は何の日?(1月1日)
元日
パブリックドメインの日

■昨日は何の日?(12月30日)
地下鉄記念日

スポンサーリンク

フォローする