コッペパンの日の由来と面白い雑学、毎月10日の今日は何の日?

コッペパンの日今日は何の日
毎月10日の「今日は何の日?」は「コッペパンの日」です。
また「コッペパンの日」にちなんで「コッペパンのコッぺの意味」「パンがガラスケースに入っていない理由」などパンにまつわる面白い雑学を紹介します。

他にも365日分の記念日1000個以上の雑学を紹介していますので、朝礼やスピーチのネタとしてご活用ください。

【今日は何の日?】365日雑学カレンダー!朝礼やスピーチのネタ帳
今日は何の日?という疑問をカレンダー形式で面白い雑学と一緒に紹介します。 朝礼やスピーチのネタなどに使える365日分の記念日と1000...
スポンサーリンク

毎月10日はコッペパンの日

今回は「コッペパンの日」について解説していきます!
なぜ毎月10日が「コッペパンの日」なのかというと、全日本丸十パン商工業協同組合によって制定された記念日であることが由来となっています。

丸十パンの「十」から日付をとって毎月10日がコッペパンの日になったということですね。
全日本丸十パン商工業協同組合は日本で初めてパン酵母(イースト)による製パン技術を開発した田辺玄平翁によって作られた協会となります。

田辺玄平翁は渡米して製パンの技術を学び、その技術を生かすために1913年には東京下谷でパン屋を始めました。
そして、その時にパン酵母を使ってふっくらと焼きあげられたパンが現在のコッペパンの原型だとされています。

2013年には田辺玄平翁がパン屋を創業してからちょうど100周年だったことからコッペパンの日が制定されたそうです。
コッペパンの日を制定することによって、丸十のコッペパンを多くの人に知ってもらうことが目的となっています。

スポンサーリンク

パンの雑学

コッペパンの日今日は何の日
今回は「コッペパンの日」にちなんで「コッペパンのコッぺの意味」「パンがガラスケースに入っていない理由」などパンにまつわる面白い雑学を紹介します。

コッペパンのコッぺの意味

コッペパンのコッペという言葉の意味や語源は実は諸説あります。
有力な説の一つとしてフランス語で「切られた」という意味である「クーペ」が語源となったという説があります。

この「クーペ」という言葉は英語の「カット」と同様の意味になり、細長いパンに食材を挟むさいに切れ込みを入れたり、サンドイッチ用にスライスされる時にも使われています。
具体的にいつ頃から「コッペパン」という言葉が使われ始めたのかはわかっていませんが、少なくとも太平洋戦争前から使われていた記録が残っています。

その頃にはフランスパンのことを日本のシェフが「コツペー」と呼んでおり、実際にその記録が残っているそうです。
また、石川淳の『焼跡のイエス』の一節には「弁当用のコペが二きれはひってゐる」ともあり、かなり昔から使われている言葉であることがわかります。

スポンサーリンク

パンがガラスケースに入っていない理由

スーパーなどに入っているパン屋のパンって包装もされてないですし、ケースもなくそのまま売られていることが多いですよね。
衛生的に大丈夫なの?という人もいるかもしれませんが、ちゃんとした理由があるんです。

パン屋では店舗で焼いた焼き立てのパンが提供されていることから、袋に入れてしまうと湯気などで袋が群れてしまい食感が悪くなるのです。
さらに、袋に水滴などがついてしまうと雑菌が繁殖する原因にもつながってしまい、とても不衛生なんですね。

ガラスケースなどに入れないのも同様の理由であり、湯気でケースが曇ってしまうとせっかくの美味しいパンが見えにくくなってしまいます。
コンビニなどに売られているパンが袋につめられているのも、製造後に冷やしているからこそ袋に詰められて、長持ちするようになっているのでした。

以上がパンの雑学でした、いかがでしたか?

毎日が「今日は何の日?」

あなたやあなたの大切な人の誕生日は何の記念日ですか?

【今日は何の日?】365日雑学カレンダー!朝礼やスピーチのネタ帳
今日は何の日?という疑問をカレンダー形式で面白い雑学と一緒に紹介します。 朝礼やスピーチのネタなどに使える365日分の記念日と1000...

スポンサーリンク

注目記事

フォローする