毎月19日はシュークリームの日、由来と雑学を紹介【今日は何の日?】

シュークリームの日今日は何の日
毎月19日の「今日は何の日?」は「シュークリームの日」です。
また「シュークリームの日」にちなんで「シュークリームは実は和製英語」「ティラミスという言葉にも実は意味がある」など洋菓子にまつわる面白い雑学を紹介します。

今日は何の日?

4月19日は…

他にも365日分の記念日1000個以上の雑学を紹介していますので、朝礼やスピーチのネタとしてご活用ください。

【今日は何の日?】365日雑学カレンダー!朝礼やスピーチのネタ帳
今日は何の日?という疑問をカレンダー形式で面白い雑学と一緒に紹介します。 朝礼やスピーチのネタなどに使える365日分の記念日と1000...
スポンサーリンク

毎月19日はシュークリームの日

今回は「シュークリームの日」について解説していきます!
なぜ毎月19日が「シュークリームの日」なのかというと、19日という日付が「シューク(19)リーム」という語呂合わせであることが由来となっています。

「シュークリームの日」については株式会社門テールによって制定された記念日となります。
シュークリームも洋菓子の定番ですが、他のケーキ類などに比べて値段が安く、お皿をフォークを使わなくていいことから人気の高い洋菓子ですよね。

一口サイズで食べられるプチシューというものありますが、実は正式名称が心付けという意味である「プロフィトロール」であり、これもお茶受けなどの定番となっています。
シュークリーム自体は結構古くから存在していて、諸説ありますが1553年にメディチ家のカトリーヌ姫が輿入れした際に、お抱え菓子職人のポプリーヌによってフランスに伝わったものがシュークリームの原型だとされています。

日本でシュークリームが食べられるようになったのは幕末のころであり、横浜で洋菓子店を開いたサミュエル・ピエールによるものが日本初のシュークリームだとされています。
1896念には米津風月堂によって販売が開始されていましたが、当時は冷蔵庫などがなく保存が難しかったことから、シュークリームが一般的になったのは冷蔵庫が普及した昭和30年代以降でした。

現代ではクッキーシューなど様々な生地のものや変わり種の入ったシュークリームがありますので、ぜひ毎月19日の「シュークリームの日」にはシュークリームを食べてみてください。

スポンサーリンク

洋菓子の雑学

今回は「シュークリームの日」にちなんで「洋菓子の雑学」を紹介します。

シュークリームは実は和製英語

あまり知られていませんが、実はシュークリームというお菓子の名前は和製英語であることから、外国では通じません。
元々はシュークリームはフランス語の「シュー・ア・ラ・クレーム」が由来となって誕生した言葉なのです。

「ア・ラ」の部分が省略されたことと、「クレーム」が英語で「クリーム」だったことからシュークリームとなったのです。
もちろんシュークリームの「シュー」にも意味があって、フランス語で「キャベツ」という意味の単語になります。

ふわふわとした生地がキャベツのように見える事から、フランスでは「シュー・ア・ラ・クレーム」と呼ばれているということですね。
ちなみに、英語でシュークリームは「cream puff(クリームパフ)」であり、シュークリームでは通じないので注意してください。

ティラミスという言葉にも実は意味がある

コンビニなどでも見かけるようになり、スイーツの定番にもなっている「ティラミス」ですが実はこの言葉の意味があるんです。
元々は「ティラミス」という言葉自体はイタリア語になっていて「tiramisu」と書きます。

一つの単語ではなく文章になっていて、単語ごとに区切ると以下のようになります。
・「tira」…引っ張って
・「mi」…私を
・「su」…上へ

意訳するとティラミスは「私を元気にして欲しい」という意味の文章になるんですね。
また、「私を元気にしてほしい」という意味からわかるとおり、女性が男性に好意を伝えるためのケーキだったという由来があるのです。

以上が洋菓子の雑学でした、いかがでしたか?

毎日が「今日は何の日?」

あなたやあなたの大切な人の誕生日は何の記念日ですか?

【今日は何の日?】365日雑学カレンダー!朝礼やスピーチのネタ帳
今日は何の日?という疑問をカレンダー形式で面白い雑学と一緒に紹介します。 朝礼やスピーチのネタなどに使える365日分の記念日と1000...

スポンサーリンク

注目記事

フォローする