EPAの日の由来と面白い雑学、毎月30日の今日は何の日?

EPAの日今日は何の日
毎月30日の「今日は何の日?」は「EPAの日」です。
また「EPAの日」にちなんで「赤身魚と白身魚の色はなぜ違う?」「フグは元々毒を持っていない」など魚にまつわる面白い雑学を紹介します。

他にも365日分の記念日1000個以上の雑学を紹介していますので、朝礼やスピーチのネタとしてご活用ください。

【今日は何の日?】365日雑学カレンダー!朝礼やスピーチのネタ帳
今日は何の日?という疑問をカレンダー形式で面白い雑学と一緒に紹介します。 朝礼やスピーチのネタなどに使える365日分の記念日と1000...
スポンサーリンク

毎月30日はEPAの日

今回は「EPAの日」について解説していきます!
なぜ毎月30日が「EPAの日」なのかというと、毎月29日の「肉の日」の次の日に魚を食べて欲しいという願いが由来となっています。

「EPAの日」については水産事業や食品事業などを展開している日本水産株式会社によって制定された記念日となります。
この日には魚などからEPAを摂取し、バランスの良い食生活を一年中送ってもらいたいという願いが込められているそうです。

EPAが人間の身体にとって良い物だということはなんとなく知っていても、どんな効果があるのかまでは知らない人も多いはずです。
EPAとは主に魚などに含まれているエイコサペンタエン酸の略称であり、DHAなどと同じでω-3脂肪酸の一種となっています。

EPAを摂取することにより、中性脂肪を減らす効果や動脈硬化などを予防する効果などが期待出来ます。
普段からお肉を多く食べているという人や、インスタント食品などに頼りきっているという人は、ぜひ毎月30日には魚を食べてみてくださいね。

スポンサーリンク

魚の雑学

EPAの日今日は何の日
今回は「EPAの日」にちなんで「赤身魚と白身魚の色はなぜ違う?」「フグは元々毒を持っていない」など魚にまつわる面白い雑学を紹介します。

赤身魚と白身魚の色はなぜ違う?

お刺身にはマグロやサーモン、タイといった様々な種類のものがありますが、身の色は赤だったり白だったりオレンジだったりと不思議ですよね。
例えば、人間でいうと日本人の肉は赤色なのにアメリカ人の肉は青色なんてことはないですし、同じ魚類でなぜここまで身の色が違うのでしょうか。

魚の身の色の違いには、赤い色素を含んでいるヘモグロビンやミオグロビンの含有量に関係があります。
赤身魚の多くの魚は回遊魚であり、長時間泳ぎ続けるためにたくさんの酸素が必要となり、白身魚よりもヘモグロビンとミオグロビンが多く含まれています。

逆に白身魚は沿岸や深海に生息するものが多く、長時間泳ぎ続ける必要がないため、ヘモグロビンとミオグロビンが巣少なく、身が白色をしているのです。
ちなみに、サーモンは赤身魚と思われがちですが、白身魚に分類されます。

サーモンの餌のオキアミに含まれる色素が影響して、身の色がオレンジとなっているだけなんですね。

スポンサーリンク

フグは元々毒を持っていない

フグといえば猛毒を持っており、誤って食べてしまうと死に至ることもあることは有名ですよね。
その毒の強さは猛毒として知られる青酸カリよりも強力であることから、フグを調理するためには免許を取得する必要があるほどです。

しかし、フグは元々は毒を持っていない魚だって知っていましたか?
フグの毒はフグの体内で作られるものではなく、普段食べている餌から生成される毒が体内に蓄積されているだけなんですね。

人間にとっては有毒であっても、フグにとっては体内に蓄積されても無害であるため、人間のように死に至ることはないのです。
ちなみに、与える餌を工夫することにより、毒をもたないフグを養殖するということも可能だとされています。

以上が魚の雑学でした、いかがでしたか?

注目記事


毎日が「今日は何の日?」

あなたやあなたの大切な人の誕生日は何の記念日ですか?

【今日は何の日?】365日雑学カレンダー!朝礼やスピーチのネタ帳
今日は何の日?という疑問をカレンダー形式で面白い雑学と一緒に紹介します。 朝礼やスピーチのネタなどに使える365日分の記念日と1000...