手巻きロールケーキの日の由来と面白い雑学、毎月6日の今日は何の日?

手巻きロールケーキの日今日は何の日
毎月6日の「今日は何の日?」は「手巻きロールケーキの日」です。
また「手巻きロールケーキの日」にちなんで「シフォンケーキのシフォンの意味」「ガトーショコラのガトーとは?」などケーキにまつわる面白い雑学を紹介します。

他にも365日分の記念日1000個以上の雑学を紹介していますので、朝礼やスピーチのネタとしてご活用ください。

【今日は何の日?】365日雑学カレンダー!朝礼やスピーチのネタ帳
今日は何の日?という疑問をカレンダー形式で面白い雑学と一緒に紹介します。 朝礼やスピーチのネタなどに使える365日分の記念日と1000...
スポンサーリンク

毎月6日は手巻きロールケーキの日

今回は「手巻きロールケーキの日」について解説していきます!
なぜ毎月6日が「手巻きロールケーキの日」なのかというと、6日という日付がロールケーキのロ(6)であることが由来となっています。

また、ロールケーキを切った時に、その断面が数字の6に見えることも由来となっているそうです。
「手巻きロールケーキの日」については株式会社モンテールによって制定された記念日となります。

株式会社モンテールはふわふわした食感のために、手で巻きあげたロールケーキを全国のスーパーやコンビニで販売している企業となります。
株式会社モンテールによるとこの日は「手巻きロールケーキの美味しさを多くの人に知ってもらう」ということを目的とした記念日としています。

2010年代以降になると、コンビニやスーパーで販売されるクオリティも上がり、手軽に美味しいスイーツが食べられるようになりましたよね。
毎月6日の「手巻きロールケーキの日」には、ぜひお近くのスーパーやコンビニで手巻きロールケーキを買って食べてみてくださいね。

スポンサーリンク

ケーキの雑学

手巻きロールケーキの日今日は何の日
今回は「手巻きロールケーキの日」にちなんで「シフォンケーキのシフォンの意味」「ガトーショコラのガトーとは?」などケーキにまつわる面白い雑学を紹介します。

シフォンケーキのシフォンの意味

シフォンケーキはふわふわして大きくて、手頃な価格で満足感の味わえるケーキとなっていますよね。
例えば「ショートケーキ」の「ショート」には「砕けやすい」「脆い」「サクサクした」などの意味があるように、シフォンケーキの「シフォン」にも意味があります。

「シフォン」とはアメリカ発祥のお菓子だとされていて、英語で書くと「chiffon cake」となります。
この「chiffon」という単語自体は元々はフランス語が語源となっている言葉であり、ブラウスなどの薄い絹織物を意味する言葉です。

柔らかく軽い口当たりであったことから、絹織物であるシフォンという言葉が使われて、シフォンケーキとなったのでした。
裁縫を趣味にしている方は「シフォンジョーゼット」という薄く柔らかい生地などを見かけたことがあるのではないでしょうか。

スポンサーリンク

ガトーショコラのガトーとは?

ガトーショコラの「ガトー」という言葉の意味はあまり知られていないですよね。
「ガトー」という言葉の語源はフランス語であり、フランス語では広い意味で「焼き菓子」という意味で使われています。

日本では「ガトーショコラ」に代表されるようにケーキのイメージが定着していますよね。
しかし、広い意味ではクッキーについてもガトーに分類されるお菓子になります。

厳密には小麦粉に卵や砂糖、バターなどを加えてオーブンで焼き上げた後に、チョコレートやフルーツなどで装飾されたものをガトーと呼ぶそうです。
ちなみに、日本では「ガトーショコラ」と呼ばれていますが、これは略称であり正式名称は「ガトー・クラシック・オ・ショコラ」となります。

以上がケーキの雑学でした、いかがでしたか?

毎日が「今日は何の日?」

あなたやあなたの大切な人の誕生日は何の記念日ですか?

【今日は何の日?】365日雑学カレンダー!朝礼やスピーチのネタ帳
今日は何の日?という疑問をカレンダー形式で面白い雑学と一緒に紹介します。 朝礼やスピーチのネタなどに使える365日分の記念日と1000...

スポンサーリンク

注目記事

フォローする