歯ブラシ交換デーの由来と面白い雑学、毎月8日の今日は何の日?

歯ブラシ交換デー今日は何の日
毎月8日の「今日は何の日?」は「歯ブラシ交換デー」です。
また「歯ブラシ交換デー」にちなんで「世界では八重歯は忌み嫌われている」「昔はほとんど虫歯の人がいなかった」など歯にまつわる面白い雑学を紹介します。

他にも365日分の記念日1000個以上の雑学を紹介していますので、朝礼やスピーチのネタとしてご活用ください。

【今日は何の日?】365日雑学カレンダー!朝礼やスピーチのネタ帳
今日は何の日?という疑問をカレンダー形式で面白い雑学と一緒に紹介します。 朝礼やスピーチのネタなどに使える365日分の記念日と1000...
スポンサーリンク

毎月8日は歯ブラシ交換デー

今回は「歯ブラシ交換デー」について解説していきます!
なぜ毎月8日が「歯ブラシ交換デー」なのかというと、毎月8日という日付が歯ブラシの歯(8)という語呂合わせであることが由来となっています。

「歯ブラシ交換デー」についてはライオン株式会社によって制定された記念日となります。
ライオン株式会社は歯ブラシなどのオーラルケアの製品の他に、日々の暮らしで使われる様々な日用品の製造や販売を手掛けている企業ですよね。

歯や口の中の健康を維持するためには欠かせない歯磨きですが、みなさんはどの程度の頻度で歯ブラシの交換を行っていますか?
実は、歯ブラシは使用期限は1ヶ月程度しかなく、それ以降は毛先が開いてしまうことから歯垢を除去する力が著しく低下してしまうのです。

そのため、歯ブラシは1ヶ月に一度は交換することが好ましく、毎月6日には歯ブラシを交換する習慣を広めていくことを目的として「歯ブラシ交換デー」が制定されました。
もしも長く使い続けている歯ブラシがあるようであれば、この記念日をきっかけとして歯ブラシを交換してみてくださいね。

スポンサーリンク

歯の雑学

歯ブラシ交換デー今日は何の日
今回は「歯ブラシ交換デー」にちなんで「世界では八重歯は忌み嫌われている」「昔はほとんど虫歯の人がいなかった」など歯にまつわる面白い雑学を紹介します。

世界では八重歯は忌み嫌われている

日本ではアニメや漫画などを中心にして、八重歯といえば一種の個性で可愛いものという認識が広まっていますよね。
しかし、これは日本独特の認識であり、世界では八重歯はどちらかというと忌み嫌われているのです。

人の見た目の一つとして歯並びは重要な要素の一つですが、世界では八重歯が出ているとそもそも歯並びが悪く見た目が悪いと思われてしまうんですね。
更に八重歯といえばドラキュラや狼男であったり、魔女などいわゆる怪物などを連想させることから忌み嫌われることも多いそうです。

同じアジアの国で言うと、例えば中国では八重歯は「虎の歯」と呼ばれていて、「幸運を逃す」「親や配偶者との離別が早まる」などの迷信があるようです。
整形大国である韓国でも歯並びを気にしている人が多く、八重歯も矯正されるケースが多いそうです。

スポンサーリンク

昔はほとんど虫歯の人がいなかった

日本で虫歯が流行し始めたのは最近の話であり、実は昔の日本人にはほとんど虫歯の人がいなかったそうです。
人間の食生活と虫歯には深く関係性があり、特に砂糖は虫歯になりやすくなる原因の一つとなっています。

日本人は普段の食生活に砂糖があまり使われていなかったことから、日本で虫歯が問題とされるようになったのも江戸時代以降なんですね。
特に西洋の食文化が日本に入ってきた明治時代以降は虫歯の人が増えていき、虫歯を含めて歯周病が問題視されるようになりました。

戦後になってからは日本人の食生活が大幅に変わり始めて、虫歯の人が急増して社会問題にまで発展していきました。
そのため、日本では国をあげて歯科医の育成が行われるようになり、コンビニよりも歯医者の方が多いと呼ばれるまでに歯医者が誕生していったのでした。

以上が歯の雑学でした、いかがでしたか?

毎日が「今日は何の日?」

あなたやあなたの大切な人の誕生日は何の記念日ですか?

【今日は何の日?】365日雑学カレンダー!朝礼やスピーチのネタ帳
今日は何の日?という疑問をカレンダー形式で面白い雑学と一緒に紹介します。 朝礼やスピーチのネタなどに使える365日分の記念日と1000...

スポンサーリンク

注目記事

フォローする