毎月16日はエコの日、由来と雑学を紹介【今日は何の日?】

エコの日今日は何の日
毎月16日の「今日は何の日?」は「エコの日」です。
また「エコの日」にちなんで「地球はどんどん軽くなっている」「空気の割合が変化すると山火事が鎮火しなくなる」などに地球まつわる面白い雑学を紹介します。

今日は何の日?

5月24日は…

他にも365日分の記念日1000個以上の雑学を紹介していますので、朝礼やスピーチのネタとしてご活用ください。

【今日は何の日?】365日雑学カレンダー!朝礼やスピーチのネタ帳
今日は何の日?という疑問をカレンダー形式で面白い雑学と一緒に紹介します。 朝礼やスピーチのネタなどに使える365日分の記念日と1000...
スポンサーリンク

毎月16日はエコの日

今回は「エコの日」について解説していきます!
なぜ毎月16日が「エコの日」なのかというと、2005年2月16日に京都議定書の効力が発生したことが由来となっています。

京都市では2月16日の京都議定書の効力発生にちなんで「DO YOU KYOTO?デー」を制定し、この日は「環境にいいことをする日」とも呼ばれています。
このことから「DO YOU KYOTO?」は「環境にいいことをしていますか?」という意味で世界で使われるようになり、毎月16日は「エコの日」だとされるようになりました。

毎月16日の「エコの日」になると、市民や事業者、そして行政なども二酸化炭素の排出についてや地球温暖化などについて考え、環境にいい取り組みをするように呼びかけるなどの活動を行っています。
京都議定書が効力を発生させたのは2005年のことですが、実は採択がされたのは1997年12月のことであり、かなり前から地球環境のことについて考えられていました。

各国では京都議定書に基づいて、地球温暖化の原因となる二酸化炭素などの削減に取り組み、具体的な削減数値目標を達成しようと努力をしています。
もちろん日本も例外ではないので「エコの日」をきっかけにして地球環境について考え直し、個人単位でも出来る事を始めてみてはいかがでしょうか?

スポンサーリンク

地球の雑学

今回は「エコの日」にちなんで「地球の雑学」を紹介します。

地球はどんどん軽くなっている

宇宙には未だに判明していない様々な謎や雑学がありますが、地球という星にもたくさんの面白い雑学があります。
地球の質量はずっと一定だと思われているかもしれませんが、地球も実は質量が変化していっていることから、どんどん軽くなっているのです。

具体的にどれぐらい軽くなっているのかというと、なんと毎年5万トンも軽くなっています。
なぜ地球の質量が軽くなっているのかというと、水素やヘリウムといった軽い気体がどんどん宇宙へ出ていっているからなんです。

宇宙からも1年間で約4万トンも降り注いでいるのですが、それを差し引いても地球から出ていくものの方が多く、だんだんと地球が軽くなっているのです。
1年間に5万トンも軽くなると地球がなくなってしまうのではないかと心配になりますよね。

しかし、5万トンは地球の質量の全体の0.000000000000001パーセント程度のため、地球環境にほとんど影響はないのです。

空気の割合が変化すると山火事が鎮火しなくなる

地球の大気のほとんどが窒素と酸素で構成されていて、窒素が78%、酸素が21%であることは理科の授業で習いましたよね?
実はこの大気を構成する期待の割合は地球で暮らす人間にとって絶妙な割合となっていて、少しでも割合が変化すると地球環境に多大な変化が生じるのです。

例えば、酸素の量が1%でも増えてしまうと地球全体で山火事が起きる確率が格段に跳ね上がってしまいます。
さらに少しの酸素の量が増えてしまうだけで、地球に生息しているほぼ全ての植物が燃えて大火災を引き起こします。

もうこうなってしまうと山火事などは鎮火することがなく地球の植物が燃え尽きるまで火災はおさまりません。
逆に窒素の割合が減ってしまった場合には、地球全体の気温が急激に落ちて一年中氷河期を迎えることになるのです。

以上が地球の雑学でした、いかがでしたか?

毎日が「今日は何の日?」

あなたやあなたの大切な人の誕生日は何の記念日ですか?

【今日は何の日?】365日雑学カレンダー!朝礼やスピーチのネタ帳
今日は何の日?という疑問をカレンダー形式で面白い雑学と一緒に紹介します。 朝礼やスピーチのネタなどに使える365日分の記念日と1000...

スポンサーリンク

注目記事

フォローする