乳酸菌の日の由来と面白い雑学、毎月23日の今日は何の日?

乳酸菌の日今日は何の日
毎月23日の「今日は何の日?」は「乳酸菌の日」です。
また「乳酸菌の日」にちなんで「乳酸菌とビフィズス菌の違いは?」「ヨーグルトから出る水分の正体」などヨーグルトにまつわる面白い雑学を紹介します。

他にも365日分の記念日1000個以上の雑学を紹介していますので、朝礼やスピーチのネタとしてご活用ください。

【今日は何の日?】365日雑学カレンダー!朝礼やスピーチのネタ帳
今日は何の日?という疑問をカレンダー形式で面白い雑学と一緒に紹介します。 朝礼やスピーチのネタなどに使える365日分の記念日と1000...
スポンサーリンク

毎月23日は乳酸菌の日

今回は「乳酸菌の日」について解説していきます!
なぜ毎月23日が「乳酸菌の日」なのかというと、23日という日付が「乳酸(23)」という語呂合わせであることが由来となっています。

「乳酸菌の日」については乳酸菌飲料などの製造・販売を行っているカゴメ株式会社によって制定された記念日となります。
カゴメ株式会社によるとこの日を「身体に良い乳酸菌を活用した商品を買ってもらうことにより元気になってもらう」ことを目的とした記念日としています。

腸内環境を整えることで有名な乳酸菌ですが、実は花粉症のシーズンには花粉症予防にも大活躍するのです。
乳酸菌には鼻の粘膜を強化する効果があることから、花粉症予防としてヨーグルトを食べると良いでしょう。

ヨーグルト自体にも免疫を強化する効果があり、人肌ぐらいの温度である37度ぐらいで食べるのが効果的だとされています。
乳酸菌の活動が1番活発になるのがこの温度であり、酸味は少し増してしまいますが効果は抜群ですので、ぜひ試してみてくださいね。

スポンサーリンク

ヨーグルトの雑学

乳酸菌の日今日は何の日
今回は「乳酸菌の日」にちなんで「乳酸菌とビフィズス菌の違いは?」「ヨーグルトから出る水分の正体」などヨーグルトにまつわる面白い雑学を紹介します。

乳酸菌とビフィズス菌の違いは?

ヨーグルトには乳酸菌入りとビフィズス菌入りのものをよく見かけますが、この2つの菌の違いについてご存じですか?
乳酸菌についてもビフィズス菌についても腸内にいる善玉菌だということは知られていますよね。

実はこの二つについては別々の細菌という訳ではなく、ビフィズス菌はいくつかある乳酸菌のうちの一つなのです。
一言で菌といっても人間の体内に住んでいる菌はたくさんあり、その中でも腸内環境を整えるなどの良い働きをする菌の総称を善玉菌と呼びます。

そして、乳酸菌についても同じであり、体内で乳酸を作る細菌の中で健康に良い効果のあるものを乳酸菌と呼んでいるんですね。
ビフィズス菌には下痢や便秘の予防であったり、免疫力を高める効果の他にも、癌の予防、老化防止、肝臓障害の抑制など様々な効果があります。

ビフィズス菌以外の乳酸菌も人間の身体にとって良い菌なので、積極的に普段の食事に取り入れるようにしましょう。

スポンサーリンク

ヨーグルトから出る水分の正体

ヨーグルトの容器を開封したり、開封後に少し時間が経過するとヨーグルトから水分が出てきますよね。
もしかするとヨーグルトが腐ってしまったり傷んだりしているのではないかと心配される人も多いはずです。

しかし、この水分はとても身体に良い物であるため、そのまま食べてしまっても大丈夫なんです。
ヨーグルトから出る水分の正体は「ホエイ」と呼ばれるものであり、別名「乳清」とも呼ばれています。

ホエイの主成分は良質なたんぱく質であり、身体に吸収されやすいことから、プロテインやサプリメントなどにも利用されています。
ホエイを摂取することによって、運動をする人はしなやかな筋肉をつけることが出来ますし、他にも肌をきれいにするなど美容にも効果があります。

以上がヨーグルトの雑学でした、いかがでしたか?

毎日が「今日は何の日?」

あなたやあなたの大切な人の誕生日は何の記念日ですか?

【今日は何の日?】365日雑学カレンダー!朝礼やスピーチのネタ帳
今日は何の日?という疑問をカレンダー形式で面白い雑学と一緒に紹介します。 朝礼やスピーチのネタなどに使える365日分の記念日と1000...

スポンサーリンク

注目記事

フォローする