菜の日の由来と面白い雑学、毎月31日の今日は何の日?

菜の日今日は何の日
毎月31日の「今日は何の日?」は「菜の日」です。
また「菜の日」にちなんで「トウモロコシに毛が生えてる理由」「緑ピーマンと赤ピーマンの違い」など野菜にまつわる面白い雑学を紹介します。

他にも365日分の記念日1000個以上の雑学を紹介していますので、朝礼やスピーチのネタとしてご活用ください。

【今日は何の日?】365日雑学カレンダー!朝礼やスピーチのネタ帳
今日は何の日?という疑問をカレンダー形式で面白い雑学と一緒に紹介します。 朝礼やスピーチのネタなどに使える365日分の記念日と1000...
スポンサーリンク

毎月31日は菜の日

今回は「菜の日」について解説していきます!
なぜ毎月31日が「菜の日」なのかというと、31日という日付が野菜の31(さい)と読む語呂合わせであることが由来となっています。

「菜の日」については一般社団法人「ファイブ・ア・デイ協会」によって制定された記念日となります。
一般社団法人「ファイブ・ア・デイ協会」では、普段から1日で350グラムの野菜と200グラムの果物を食べるように呼びかけています。

そのため、毎月31日には「カラダの決算日」としてこうした呼びかけや食育活動などを行っているそうです。
若いころは大丈夫かもしれませんが、年齢を重ねていくと偏食やジャンクフードを食べた影響が身体に出やすくなりますよね。

常日頃から野菜や果物を積極的に食べることは重要ですし、ぜひ「菜の日」には野菜を果物を積極的に食べるようにしてくださいね。
また、これから食生活を見直そうという人は「菜の日」をきっかけに食生活の改善を始めてみるのも良いかもしれません。

スポンサーリンク

野菜の雑学

菜の日今日は何の日
今回は「菜の日」にちなんで「トウモロコシに毛が生えてる理由」「緑ピーマンと赤ピーマンの違い」など野菜にまつわる面白い雑学を紹介します。

トウモロコシに毛が生えてる理由

生のトウモロコシを見たことがある方はご存じかと思いますが、トウモロコシにはフサフサと毛がついていますよね。
あのフサフサとしたトウモロコシの毛が生えているのにもちゃんとした理由があるのです。

実はあの毛はトウモロコシのメシベの一部であり、毛の一本一本がトウモロコシの粒につながっていることがわかります。
あの毛にトウモロコシの雄鼻の花粉がつくことによって受粉し、トウモロコシは実を作ってきます。

そのため、あの毛がなければトウモロコシは受粉することが出来ず、皆さんが普段から食べているトウモロコシの実がならないのです。
トウモロコシの実がなるべく多いものを買いたい場合は、なるべく毛のたくさんトウモロコシを買ってみてください。

スポンサーリンク

緑ピーマンと赤ピーマンの違い

一般的にピーマンといえば緑色のものを思い浮かべるかもしれませんが、ピーマンには赤ピーマンなどがありますよね。
それでは緑ピーマンと赤色ピーマンにはどのような違いがあるのでしょうか。

実は緑色のピーマンと赤色のピーマンは全く同じものなんです。
まだ熟しきってない状態のピーマンは緑色であり、完全に熟し切った状態になると赤色になるんですね。

また、パプリカについても未成熟なものは緑色をしており、熟すと黄色や赤色へと変化していきます。
ちなみに、ピーマンとパプリカはとても良く似た野菜ですが、栄養素が豊富に含まれているのはパプリカの方なので、効率良く栄養を摂取したければパプリカがオススメです。

以上が野菜の雑学でした、いかがでしたか?

注目記事


毎日が「今日は何の日?」

あなたやあなたの大切な人の誕生日は何の記念日ですか?

【今日は何の日?】365日雑学カレンダー!朝礼やスピーチのネタ帳
今日は何の日?という疑問をカレンダー形式で面白い雑学と一緒に紹介します。 朝礼やスピーチのネタなどに使える365日分の記念日と1000...