1月12日はスキーの日、由来と雑学を紹介【今日は何の日?】

スキーの日今日は何の日
1月12日の「今日は何の日?」は「スキーの日」です。
また「スキーの日」にちなんで「スキー場では風邪を引きにくい」「スキーは昔は移動手段だった」などスキーにまつわる面白い雑学を紹介します。

今日は何の日?

9月26日は…

他にも365日分の記念日1000個以上の雑学を紹介していますので、朝礼やスピーチのネタとしてご活用ください。

【今日は何の日?】365日雑学カレンダー!朝礼やスピーチのネタ帳
今日は何の日?という疑問をカレンダー形式で面白い雑学と一緒に紹介します。 朝礼やスピーチのネタなどに使える365日分の記念日と1000...
スポンサーリンク

1月12日はスキーの日

今回は「スキーの日」について解説していきます!
なぜ1月12日が「スキーの日」なのかというと、1911(明治44)年1月12日にオーストリアのレルヒ少佐が新潟県の高田陸軍歩兵聯隊の青年将校にスキーの指導を行ったことが由来となっています。

この日にレルヒ少佐によって行われた指導で、日本人が初めてスキーを体験することとなりました。
「スキーの日」についてはスポーツ用品メーカー・ミズノの直営店・エスポートミズノによって1994(平成6)年に制定された記念日となります。

日本にスキーが伝来したのは明治時代の後期である1890年代のことだったとされていますが、そのころはまだ日本人自体が練習をしたり滑るといったことはあまりなかったそうで、レルヒ少佐による指導が日本のスキー普及の第一歩となりました。
その後の日本では段々とスキーが普及していって、1923年には第一回全日本スキー選手権大会が開かれることになりました。

現在では両手にストックを握って滑るのが当たり前になっていますが、スキーが普及されたばかりの頃には片手にしかストックをもたないスタイルと、両手にストックを持つスタイルがあったそうです。
しかし、第一回全日本スキー選手権大会では両手にスキーストックを持つスタイルの方が圧倒的に成績が良かった事から、両手にストックを持つスタイルが主流となっていきました。

スポンサーリンク

スキーの雑学

今回は「スキーの日」にちなんで「スキーの雑学」を紹介します。

スキー場では風邪を引きにくい

スキーをする時には当然厚着をしていきますし、スキーを滑ることによってたくさんの汗をかきますよね。
スキー場で汗をかいてしまうと一気に身体が冷えてしまって風邪をひいてしまいそうなイメージがあるかもしませんが、スキー場では逆に風邪をひきにくいって知っていましたか?

風邪の菌は温度が低くなればなるほど活動がにぶくなるのですが、スキー場は寒すぎて風邪の菌が活動するのには過酷な環境になっているのです。
さらに、風邪などの菌には空気が乾燥している時の方がより感染しやすいようになっていますが、スキー場は湿度が高いことから風邪の菌に感染し辛くなっているのです。

スキー場が山にあることから標高が高く、平地よりも紫外線が強く降り注いでいる関係で滅菌されることも風邪をひきにくくなる要因の一つとなっています。

スキーは昔は移動手段だった

スキーは最近ではウィンタースポーツとして楽しまれていますが、実は元々は冬場の移動手段として考案されたものだったんです。
実はスキーが誕生したのはかなり昔だとされていて、紀元前2500年ごろのスカジナビア半島に残っている壁画には、スキーを履いた人が狩りを行う姿が描かれているそうです。

このように、元々は狩人などが雪山や雪道をスムーズに移動するために考案されたものだったんですが、19世紀中ごろからはノルウェーを発祥としてスポーツとして楽しまれるようになりました。
現在は歩く競技やジャンプ競技、斜面を滑る競技などがありますが、これは1860年代にノルウェーのソンドレ・ノルハイム氏によって考案されたものになります。

その後、スキーがスポーツとして定着してきたことから、1879年にノルウェーのオスロで世界初のスキー大会が開催されることになりました。
以上がスキーの雑学でした、いかがでしたか?

毎日が「今日は何の日?」

あなたやあなたの大切な人の誕生日は何の記念日ですか?

【今日は何の日?】365日雑学カレンダー!朝礼やスピーチのネタ帳
今日は何の日?という疑問をカレンダー形式で面白い雑学と一緒に紹介します。 朝礼やスピーチのネタなどに使える365日分の記念日と1000...

■今日は何の日?(1月12日)
スキーの日

■明日は何の日?(1月13日)
たばこの日

■昨日は何の日?(1月11日)
鏡開き
塩の日

スポンサーリンク

フォローする