1月27日は求婚の日、由来と雑学を紹介【今日は何の日?】

求婚の日今日は何の日
1月27日の「今日は何の日?」は「求婚の日」です。
また「求婚の日」にちなんで「結婚指輪を左手の薬指にする理由」「婚約指輪の相場が給料3ヶ月といわれる理由」など指輪にまつわる面白い雑学を紹介します。

今日は何の日?

12月19日は…

他にも365日分の記念日1000個以上の雑学を紹介していますので、朝礼やスピーチのネタとしてご活用ください。

【今日は何の日?】365日雑学カレンダー!朝礼やスピーチのネタ帳
今日は何の日?という疑問をカレンダー形式で面白い雑学と一緒に紹介します。 朝礼やスピーチのネタなどに使える365日分の記念日と1000...
スポンサーリンク

1月27日は求婚の日

今回は「求婚の日」について解説していきます!
なぜ1月27日が「求婚の日」なのかというと、1883(明治16)年1月27日に伊勢新聞と三重日報に、新聞紙上初めての求婚広告が掲載されたことが由来となっています。

実際に広告を出していた中尾勝三郎という人物に19歳の女性から応募があり、そのまま結婚をすることになったそうです。
新聞に自分の広告を載せて結婚相手を募るなんて現代では考えられない方法ですよね。

現在では結婚相談所や婚活サイトに自身のプロフィールを登録しておいて、条件に合った男性や女性とお見合いなどを実施するのが普通の流れとなっていましたが、これを新聞の広告を使って大々的にやっていたということですよね。
過去には1月27日の「求婚の日」にプロポーズをしたい人を募って、当選者1名のプロポーズメッセージを産経新聞に掲載するという試みもあったそうです。

普段から読んでいる新聞に自分へ向けたプロポーズメッセージが書いてあったら女性もかなり驚いてしまいますが、後々になっていい思い出になりそうですよね。
ちなみに、日本で初めて求婚広告が掲載されたのは1883(明治16)年のことでしたが、世界ではもっと古くから求婚広告が存在していました。

世界初の求婚広告が掲載されたのはイギリスの新聞であって、1695年7月19日の新聞に掲載されたそうです。

スポンサーリンク

指輪の雑学

今回は「求婚の日」にちなんで「指輪の雑学」を紹介します。

結婚指輪を左手の薬指にする理由

既婚なのか独身なのかを判断するのには、相手の左手の薬指を見ればすぐにわかりますよね。
このように結婚指輪は左手の薬指にはめるのが常識となっていますが、そもそもこの風習はどこから来たのでしょうか。

実はこの風習は古代ギリシャから伝わる古い風習であり、古代ギリシャでは「左手薬指と心臓が1本の血管で繋がっている」と信じられていたのです。
そのため、薬指に指輪をはめることで結婚相手と「心臓と心臓を繋ぐ=心と心を繋ぐ」と考えられていました。

また、指輪ははめる指によってそれぞれ効果が発揮されるとも考えられていて、左手自体には「信頼」、薬指には「愛情」が宿っているとされています。
このことから、結婚相手への信頼と愛情の証として左手薬指に結婚指輪をはめるようになったんですね。

婚約指輪の相場が給料3ヶ月といわれる理由

婚約指輪の相場といえば昔から「給料三か月分」と言われていますよね。
給料三か月分はなかなか厳しい値段ですが、そもそもなぜ「給料三か月分」と言われるようになったのでしょうか。

この「給料三か月分」が言われるようになったのは1970年代のことだったそうで、それまでは特に相場などは特に決まっていなかったそうです。
しかし、とある宝石会社のキャンペーンのコマーシャルで「婚約指輪は給料三か月」というキャッチフレーズが使われて以降、そのまま定着したのです。

現在では放送されていないコマーシャルですが、その名残りがいまだに残っているんですね。
以上が指輪の雑学でした、いかがでしたか?

毎日が「今日は何の日?」

あなたやあなたの大切な人の誕生日は何の記念日ですか?

【今日は何の日?】365日雑学カレンダー!朝礼やスピーチのネタ帳
今日は何の日?という疑問をカレンダー形式で面白い雑学と一緒に紹介します。 朝礼やスピーチのネタなどに使える365日分の記念日と1000...

■今日は何の日?(1月27日)
国旗制定記念日
求婚の日

■明日は何の日?(1月28日)
コピーライターの日
衣類乾燥機の日

■昨日は何の日?(1月26日)
文化財防火デー
コラーゲンの日

スポンサーリンク

フォローする