1月29日はタウン情報の日【今日は何の日?】

タウン情報の日
1月29日の「今日は何の日?」は「タウン情報の日」です。

スポンサーリンク

1月29日はタウン情報の日

今回は「タウン情報の日」について解説していきます!
1月29日がなぜ「タウン情報の日」かというと、日本初の地域情報誌である「ながの情報」が発行された日だからなんです。

具体的にいつごろ定められたかというと、1973年1月29日のことでした。
これは「タウン情報全国ネットワーク」によって定められました。

ところでそもそも「タウン情報誌」が何なのかをご存じでしょうか?
「タウン情報誌」とはその都市や、周辺都市の情報に特化した雑誌となっており、つまり地域密着型雑誌とも呼べるでしょうか!

その都市にある名産品や観光スポットなども紹介されており、タウン情報誌を見ればその都市の良い所が色々とわかるということですね!
私は北海道在住なので、北海道のタウン情報誌といえば「北海道ウォーカー」などを思い浮かべます。

価格帯は300-500円ととてもリーズナブルで、色々な情報を得られるのにこの価格なのは本当に有難いですよね!
旅行に行ってどこを散策するか迷った場合は、コンビニや本屋に立ち寄ってみて、その地域のタウン情報誌を探してみると良いかもしれませんね!

また、旅行前にその都市の情報を得て旅行計画を立てるなど、ぜひ活用してみてください!

スポンサーリンク

街の雑学

地名は地域の特性を表す

今回は「タウン情報の日」について解説しましたので、「街についての雑学」を紹介します!
皆さんは自分が住んでいる地名の由来などをご存じですか?

実は住んでいる地名によって、その土地の特性がわかってしまうものもあるのです。
全ての都市に当てはまるわけではありませんが、谷や沢、下、溝、沼、窪などの漢字が使われている都市については、低い土地になっている事が多いです。

谷という漢字が使われている都市といえば渋谷などが挙げられますが、実際に渋谷は東京の中でも低地であり、低い場所にある都市だということがわかります。
他には「沢、落、波、津、洲、浜、江」などさんずいの使われている地名は、近くに水源がある街が多いです。

このように地名には色々な意味が込められている事がわかります。
地名から過去に自分の住んでいる都市がどのような場所だったのかを想像してみるのも面白いですよね!

また、一般的に低地や川や海など水の近くの都市は災害に遭いやすいため、引っ越す際には地名から災害が少ない地域を選ぶ事も可能となります。

毎日が「今日は何の日?」

■今日は何の日?(1月29日)
昭和基地開設記念日

■明日は何の日?(1月30日)
3分間電話の日

スポンサーリンク

フォローする