2月9日は服の日、由来と雑学を紹介【今日は何の日?】

服の日今日は何の日
2月9日の「今日は何の日?」は「服の日」です。
また「服の日」にちなんで「昔はネクタイがお守りだった?」「メガネは悪魔の道具だった!?」などファッションにまつわる面白い雑学を紹介します。

今日は何の日?

10月23日は…

他にも365日分の記念日1000個以上の雑学を紹介していますので、朝礼やスピーチのネタとしてご活用ください。

【今日は何の日?】365日雑学カレンダー!朝礼やスピーチのネタ帳
今日は何の日?という疑問をカレンダー形式で面白い雑学と一緒に紹介します。 朝礼やスピーチのネタなどに使える365日分の記念日と1000...
スポンサーリンク

2月9日は服の日

今回は「服の日」について解説していきます!
なぜ2月9日が服の日なのかというと、「ふ(2)く(9)」という語呂合わせからきています。

1991(平成3)年に「日本ファッション教育振興協会・全国服飾学校協会」等によって制定されました。
服の日の目的は「衣類に関心を持ってもらったり、ファッションなど服を着る楽しみをもっと知ってもらう」ことにあります。

服の日について色々と調べてみましたが、かなり情報が少ないです。
2月9日に服の日のイベントなどが開催されていないかも調べてみましたが、特にそういった情報もありませんでした。

2月9日というよりは、毎月29日を服の日として売り出しを行う事が多いようです。
このように、一般的には「服の日」はまだまだ浸透していないように思います。

服の日が制定された1991(平成3)年は今のようにインターネットが使える訳ではなかったため、服への関心を高める手段として服の日を作ったのだと思います。
現在ではネット通販などで気軽にカタログを見て服を買い、ファッションを楽しむことが出来るようになったため、そもそも服の日を制定した目的が達成されていますね。

スポンサーリンク

ファッションの雑学

今回は「服の日」にちなんだ「ファッションの雑学」を紹介します。

昔はネクタイがお守りだった?

サラリーマンをやっているとほとんどの人が身につけているネクタイですが、実はネクタイは元々お守りだって知っていますか?
ネクタイの起源は、1世紀~2世紀頃のローマ帝国時代にあるとされています。

当時は兵士たちが遠く離れた地へ遠征する事が多く、その際に妻や恋人からお守りとして首にネッカチーフを巻いてもらったそうです。
このネッカチーフがネクタイの起源とされています。

ネクタイが現在の形になったのは17世紀後半のことでした。
当時はクロアチア騎兵隊の首に巻かれていたそうですが、名前はクロバットと呼ばれていました。

ちなみに、日本人で最初にネクタイを締めたのはジョン万次郎です。
アメリカから帰国する際にの所持品の中に、ネクタイが3枚入っていたという記録が残っています。

メガネは悪魔の道具だった!?

今やファッションでも身につけられているメガネですが、その歴史は古く、誰が発明したのかも定かなっていません。
そんなメガネは昔は悪魔の道具として見られていたのです。

メガネが発明されたとされている13世紀の頃は、メガネをかける事により突然ものがはっきりと見えるようになるため、超能力的な道具として見られていました。
また、視力が悪くなることも含めて人間の苦痛は、人間が幸せになるために神様が与えた試練だとされていました。

メガネはそれを妨げる道具のため、悪魔が作ったものだとされていたのです。
ちなみに、日本にメガネが伝来したのは1551年にフランシスコ・ザビエルが来日した時のことでした。

以上がファッションの雑学でした、いかがでしたか?

毎日が「今日は何の日?」

あなたやあなたの大切な人の誕生日は何の記念日ですか?

【今日は何の日?】365日雑学カレンダー!朝礼やスピーチのネタ帳
今日は何の日?という疑問をカレンダー形式で面白い雑学と一緒に紹介します。 朝礼やスピーチのネタなどに使える365日分の記念日と1000...

■今日は何の日?(2月9日)
服の日
フグの日
風の日
肉の日
漫画の日

■明日は何の日?(2月10日)
ふとんの日
ニットの日
簿記の日
海の安全祈念日

■昨日は何の日?(2月8日)
針供養の日
郵便マークの日

スポンサーリンク

フォローする