2月16日は天気図記念日、由来と雑学を紹介【今日は何の日?】

天気図記念日今日は何の日
2月16日の「今日は何の日?」は「天気図記念日」です。
また「天気図記念日」にちなんで「様々な種類の天気図」など天気図にまつわる面白い雑学を紹介します。

今日は何の日?

8月19日は…

他にも365日分の記念日1000個以上の雑学を紹介していますので、朝礼やスピーチのネタとしてご活用ください。

【今日は何の日?】365日雑学カレンダー!朝礼やスピーチのネタ帳
今日は何の日?という疑問をカレンダー形式で面白い雑学と一緒に紹介します。 朝礼やスピーチのネタなどに使える365日分の記念日と1000...

スポンサーリンク



2月16日は天気図記念日

今回は「天気図記念日」について解説していきます!
なぜ2月16日が「天気図記念日」なのかというと、1883(明治16)年に日本初の天気図が作成されたことが由来となっています。

初めて作成された天気図は7色刷りとなっていて、ドイツ人の気象学者であるエリヴィン・クニッピング氏の指導のもとに作成されました。
最初に作られた天気図は試験的に作られたものだったため、正式に発行されるまでは2週間ほどの時間がかかり、3月1日が正式発行となりました。

当時の天気図は1日1回発行され、新橋や横浜にある停車場などに掲示されていたそうです。
日本に残されている最も古い天気図は1883年4月1日となり、現在は国立公文書館に保管されています。

気象記念日

天気図記念日以外にも「気象記念日」という記念日が存在しています。
「気象記念日」は明治8(1875)年6月1日に東京気象台が創設され、気象観測や地震計による観測が始まったことが由来となっています。

最初は東京のみの観測となっていましたが、東京で気象観測が始まったのを受けて、全国的に気象台の建設が始まりました。
テレビなどの媒体が全く存在しないころから気象観測はしっかりと行われていたということがわかりますね!

スポンサーリンク



様々な天気図

天気図について解説しましたが、実は天気図には色々な種類があります。
テレビで気象キャスターが解説する時に色々な種類の天気図を用いて解説していますよね!

天気図は大きく分けて「実況天気図」「予測天気図」「高層天気図」の3種類に分けることができます。
「実況天気図」は実際の気圧配置を示した天気図となります。

「予測天気図」は未来の気圧配置を予測して示してある天気図とあります。
よく「それでは○時間後の天気図を見てましょう」といった解説の後に登場する天気図です。

「高層天気図」は空の高い所の気圧配置を示した天気図となります。
実は地上だけではなく空の上の天気もチェックしているんですね!

地上が3度でも上空がマイナス30度などになっている事があるので、降雪などを予測する場合に高層天気図などが使用されます。
普段はあまり気にすることはありませんが、様々な天気図を用いて気象観測や天気予報が行われています。

「天気予報は当たらない」とはいいますが、最近では天気予報の精度もかなり上がってきており、やはり出かける前の天気予報チェックは欠かせないものですよね。

毎日が「今日は何の日?」

あなたやあなたの大切な人の誕生日は何の記念日ですか?

【今日は何の日?】365日雑学カレンダー!朝礼やスピーチのネタ帳
今日は何の日?という疑問をカレンダー形式で面白い雑学と一緒に紹介します。 朝礼やスピーチのネタなどに使える365日分の記念日と1000...

■今日は何の日?(2月16日)
天気図記念日
寒天の日

■明日は何の日?(2月17日)
天使のささやきの日
切り干し大根の日

■昨日は何の日?(2月15日)
春一番名付けの日

スポンサーリンク



フォローする