3月6日は世界一周記念日、由来と雑学を紹介【今日は何の日?】

世界一周記念日今日は何の日
3月6日の「今日は何の日?」は「世界一周記念日」です。
また「世界一周記念日」にちなんで「中国ではあえて食事を残す」「インドでは酒を飲める年齢が違う」など世界にまつわる面白い雑学を紹介します。

今日は何の日?

8月19日は…

他にも365日分の記念日1000個以上の雑学を紹介していますので、朝礼やスピーチのネタとしてご活用ください。

【今日は何の日?】365日雑学カレンダー!朝礼やスピーチのネタ帳
今日は何の日?という疑問をカレンダー形式で面白い雑学と一緒に紹介します。 朝礼やスピーチのネタなどに使える365日分の記念日と1000...

スポンサーリンク



3月6日は世界一周記念日

今回は「世界一周記念日」について解説していきます!
なぜ3月6日が世界一周記念日なのかというと、1967(昭和42)年3月6日に日本航空の世界一周西回り路線が営業を開始したことが由来となっています。

それまでは日米航空協定により、日本の航空会社は世界一周路線を持つことができませんでした。
日本航空の世界一周線が運行開始し、記念すべき第一便である西周り便は1967(昭和42)年3月6日午後0時30分に羽田空港を出発しました。

世界一周と言えば1つの便で地球をグルッと一周したようなイメージをもつかもしれませんが、実は世界一周線は飛行機一機のみで一周していたわけではなく、西周り便と東周り便の2便を運航することにより実現されました。
その後3月7日に東周り便が出発して日本の飛行機のみによる世界一周線が実現されました。

ちなみに当時は世界一周できる航空会社は少なく、日本は英国海外航空に次いでの2番目の実現となりました。
しかし、欧米各社がしのぎを削る中で日本の航空会社が参入して採算を取る事が難しく、事故による機材不足も続いていたため、日本航空の大西洋線が運休となり、世界一周線はわずか5年で終了することとなりました。

スポンサーリンク



世界の雑学

今回は「世界一周記念日」にちなんだ「世界の雑学」を紹介します。
世界の色々な国を見ていると、日本にはない面白い文化があったりするんですよ!

中国ではあえて食事を残す

中国の面白い文化に「食事をあえて残す」という文化があります。
食事を出された際に、全てを食べてしまう事は「まだまだ食べられますよ!」とアピールすることになってしまうそうです。

そのため、おかわり勘違いされて余計に食事が出てきてしまう可能性があります。
これ以上食べられないな、と思った場合には少しだけ料理を残しておいてください。

ギリシャでは手をパーにするのは厳禁

タクシーを止める際に、手をジャンケンのパーの形にして手を上げて止めたりしますよね。
実はギリシャではこの手のひらを相手に向けるジェスチャーは「モウンサ」と呼ばれる侮辱行為とされています。

日本でいうところの相手を指さしたり、アメリカでは中指を立てる行為に匹敵します。
日本では当たり前の文化でも外国では相手を侮辱することになりかねないので注意が必要です。

インドでは酒を飲める年齢が違う

日本ではお酒は20歳からと決まっています。
しかし、インドではお酒を飲んでも良いとされる年齢が地域によって異なっています。

とある地域は25歳からしか飲めない厳しい規則になっていたり、他の地域では18歳から飲酒が可能となっていたり、そもそもお酒が禁止されている地域もあったりします。
お酒を飲んでつい法律違反をしてしまう可能性がありますので、インドでお酒を飲む際には充分注意してください。

以上が世界の雑学でした、いかがでしたか?

毎日が「今日は何の日?」

あなたやあなたの大切な人の誕生日は何の記念日ですか?

【今日は何の日?】365日雑学カレンダー!朝礼やスピーチのネタ帳
今日は何の日?という疑問をカレンダー形式で面白い雑学と一緒に紹介します。 朝礼やスピーチのネタなどに使える365日分の記念日と1000...

■今日は何の日?(3月6日)
世界一周記念日
弟の日

■明日は何の日?(3月7日)
消防記念日
サウナの日

■昨日は何の日?(3月5日)
啓蟄
珊瑚の日
スチュワーデスの日
ミスコンの日

スポンサーリンク



フォローする