4月5日は横町の日、由来と雑学を紹介【今日は何の日?】

横町の日今日は何の日
4月5日の「今日は何の日?」は「横町の日」です。
また「横町の日」にちなんで「アメヤ横丁の名前の由来」「知られざるアメヤ横丁の地下街について」など横町にまつわる面白い雑学を紹介します。

今日は何の日?

10月18日は…

他にも365日分の記念日1000個以上の雑学を紹介していますので、朝礼やスピーチのネタとしてご活用ください。

【今日は何の日?】365日雑学カレンダー!朝礼やスピーチのネタ帳
今日は何の日?という疑問をカレンダー形式で面白い雑学と一緒に紹介します。 朝礼やスピーチのネタなどに使える365日分の記念日と1000...
スポンサーリンク

4月5日は横町の日

今回は「横町の日」について解説していきます!
なぜ4月5日が「横町の日」なのかというと、四(よ)五(こ)で「よこちょう」という語呂合わせが由来となっています。

今では死語になりつつある「横町」という言葉ですが、表通りに対して横に入った細い道の事を「横町」と呼びます。
商店街などにたまに「○○横町」といった観光スポットがありますよね。

しかし、この「横町の日」について調べてみたところ、いったいどこの誰が何を目的として定めたものなのかが全くわかりませんでした。
そのため、いつごろから「横町の日」が存在しているのかもわかりません。

どなたか「横町の日」について何か情報をお持ちの方はぜひご一報頂ければ幸いです。
また、「横町の日」である4月5日のイベント情報も調べてみましたが、全国的に何のイベントも開催されていない様子です。

「横町の日」を機会にして自分が先駆けとなり、今後何かのイベントを開催したらもしかすると盛り上がるかもしれませんね。

スポンサーリンク

横町の雑学

今回は「横町の日」にちなんで「横町の雑学」を紹介します。

アメ横(アメヤ横丁)の名前の由来

いつ行ってもとても賑やかで繁盛している横丁に上野から御徒町にかけての「アメヤ横丁」がありますよね!
筆者も何度か訪れたことがありますが、日本人以外にも外国人観光客も多く、本当にいつ通っても人であふれかえっています。

通称アメ横ですが、どうしてアメヤ横丁と呼ばれるようになったのかをご存じですか?
実は終戦後にアメリカ人が小遣い稼ぎをするために物販を行っていたことから「アメリカ屋の横丁」、つまり「アメヤ横丁」となったのでした。

さらに当時はアメを売っているお店が200店舗以上もあったそうで、このことからも「アメヤ横丁」と呼ばれるようになったそうです。
ちなみに「アメヤ横丁」については商標登録されているようです。

アメヤ横丁の地下街

アメヤ横丁といえば地上に伸びている商店街をイメージするかもしれませんが、実は地下街もとても繁盛しているのです。
しかもその地下街はとても日本とは思えない市場が広がっており、あまり日本ではなじみのない食材などもたくさん売られています。

その地下街はアメ横センタービルの地下にあり、地下には大きな食品街が広がっており、東南アジアを中心とした食材がたくさん売られています。
そのためか客層についても日本人よりも東南アジア系のお客さんがたくさんいるそうです。

ここにはパッケージに何語が書かれているのかよくわからない食べ物など面白いものがたくさん売っています。
アメヤ横丁へ観光に行く際にはぜひこの地下街にも立ち寄ってみてください!

毎日が「今日は何の日?」

あなたやあなたの大切な人の誕生日は何の記念日ですか?

【今日は何の日?】365日雑学カレンダー!朝礼やスピーチのネタ帳
今日は何の日?という疑問をカレンダー形式で面白い雑学と一緒に紹介します。 朝礼やスピーチのネタなどに使える365日分の記念日と1000...

■今日は何の日?(4月5日)
ヘアカットの日
横町の日
デビューの日

■明日は何の日?(4月6日)
城の日
新聞をヨム日
北極の日
コンビーフの日

■昨日は何の日?(4月4日)
清明
あんパンの日
ヨーヨーの日
幸せの日
どらやきの日

スポンサーリンク

フォローする