4月12日はパンの記念日、由来と雑学を紹介【今日は何の日?】

パンの記念日今日は何の日
4月12日の「今日は何の日?」は「パンの記念日」です。
また「パンの記念日」にちなんで「食パンの名前の由来」「クロワッサンの誕生のきっかけ」などパンにまつわる面白い雑学を紹介します。

今日は何の日?

10月23日は…

他にも365日分の記念日1000個以上の雑学を紹介していますので、朝礼やスピーチのネタとしてご活用ください。

【今日は何の日?】365日雑学カレンダー!朝礼やスピーチのネタ帳
今日は何の日?という疑問をカレンダー形式で面白い雑学と一緒に紹介します。 朝礼やスピーチのネタなどに使える365日分の記念日と1000...
スポンサーリンク

4月12日はパンの記念日

今回は「パンの記念日」について解説していきます!
なぜ4月12日が「パンの記念日」なのかというと、天保13(1842)年旧暦4月12日に伊豆韮山代官の江川太郎左衛門英龍が軍用携帯食糧として乾パンを作ったに由来しています。

これが日本で初めて焼かれたパンと言われていることから、毎月12日についても「パンの日」としているそうです。
元々は軍用として開発されたものってかなり多いですが、現在では当たり前のように食べているパンについてももともとは軍用で作られたものだったんですね。

それまでの軍用食の主食やはり握り飯、五平餅、きりたんぽなどの飯類であったり、または餅を作っておいてずんだ餅やあんころ餅、ぜんざい、雑煮、焼き餅、揚げ餅などに調理して食べていたそうです。
また、煎餅についても現在はお菓子として楽しまれていますが、湯に入れて煮ることにより餅に戻して食べる軍用食として活躍していました。

乾パンが登場して以来、西南戦争や日清戦争、日露戦争などでも軍用食として活躍しましたが、開発されたばかりの乾パンはとても硬く、味についても決して美味しいとはいえないものだったそうです。
現在のおいしいパンが食べられることに感謝して、4月12日は近くのパン屋へ足を運ぶのも良いかもしれませんね。

スポンサーリンク

パンの雑学

今回は「パンの記念日」にちなんで「パンの雑学」を紹介します。

食パンの名前の由来

朝ごはんの定番といえば食パンをトーストにして食べる人も多いのではないでしょうか?
この食パンについてですが、パンは食べるのが当たり前なのになぜか「食」という漢字がくっついていますよね。

この「食パン」という名前になったのには諸説ありますが、どれが本当の説なのかどうかはわかっていないそうです。
「食べるパン」という言葉から「食パン」と名付けられたのには間違いないそうですが、その説のほとんど他の「パン」が付くものとの差別化だったというものになっています。

フライパンなどの「パン」と混合しないように「食パン」と名付けられたという説や、菓子パンと差別化して食事用に食べるパンであることから「食パン」となった説、デッサンの際にパンを消しゴム代わりにしていた事から間違えないように「食パン」とした説、など色々な説が存在しています。

クロワッサンは戦勝祈願で誕生した

クロワッサンはもともと戦争の勝利を願って作られたパンだって知っていましたか?
クロワッサンにも色々な形がありますが、最初は三日月の形をしたクロワッサンが作られていました。

これは、17世紀に現在のオーストリアであるハンガリー帝国が、現在のトルコであるオスマン帝国と戦争していた事から三日月の形が採用されたのです。
敵国オスマン帝国のシンボルであった三日月の形を模したパンを食べることによって、相手国を食べる、つまり戦争への勝利を祈願していたわけですね。

その甲斐があってか、ハンガリー帝国は見事にオスマン帝国に対して勝利を収めたのでした。
以上がパンの雑学でした、いかがでしたか?

毎日が「今日は何の日?」

あなたやあなたの大切な人の誕生日は何の記念日ですか?

【今日は何の日?】365日雑学カレンダー!朝礼やスピーチのネタ帳
今日は何の日?という疑問をカレンダー形式で面白い雑学と一緒に紹介します。 朝礼やスピーチのネタなどに使える365日分の記念日と1000...

■今日は何の日?(4月12日)
パンの記念日
子どもを紫外線から守る日

■明日は何の日?(4月13日)
決闘の日
喫茶店の日
水産デー

■昨日は何の日?(4月11日)
メートル法公布記念日
ガッツポーズの日

スポンサーリンク

フォローする