4月13日は水産デー、由来と雑学を紹介【今日は何の日?】

水産デー今日は何の日
4月13日の「今日は何の日?」は「水産デー」です。
また「水産デー」にちなんで「魚介類と魚貝類の違い」「魚が部首の漢字は約700種類ある」など魚にまつわる面白い雑学を紹介します。

今日は何の日?

8月17日は…

他にも365日分の記念日1000個以上の雑学を紹介していますので、朝礼やスピーチのネタとしてご活用ください。

【今日は何の日?】365日雑学カレンダー!朝礼やスピーチのネタ帳
今日は何の日?という疑問をカレンダー形式で面白い雑学と一緒に紹介します。 朝礼やスピーチのネタなどに使える365日分の記念日と1000...

スポンサーリンク



4月13日は水産デー

今回は「水産デー」について解説していきます!
なぜ4月13日が「水産デー」なのかというと、1901年4月13日に「旧漁業法」が制定されたことが由来となっています。

大日本水産会(大水)によって1933年5月に制定されました。
1933年当時に制定された記念日なのに「デー」という英語が使われているのには、不思議なことではありませんがちょっとした違和感を覚えてしまいますね。

過去には「水産デー」にちなんで様々なイベントが行われていたそうですが、現在では特に活動は行われていないそうです。
漁業法が由来となった記念日ですが、漁業法とは漁業を行う際に守らなくてはならない法律となります。

第1章から始まり第10章まであり、全146条からなっており漁業についても厳格なルールがあることがわかりますよね。
たまにウニやカニなどを遊びでとっていて密漁として捕まる人もいるので注意が必要ですよね。

スポンサーリンク



魚の雑学

今回は「水産デー」にちなんで「魚の雑学」を紹介します。

魚貝類と魚介類はどっちが正解?

「ぎょかいるい」という言葉を変換してみると、「魚貝類」と「魚介類」に変換できることがわかります。
水産物全般の総称として使われる「ぎょかいるい」という言葉ですが、果たして「魚貝類」と「魚介類」はどちらが正解なんでしょうか。

どうやら水産物全般を総称する際には「魚介類」と表記するのが正しいそうです。
「介」は鎧を身につけた人間を文字にした漢字である事から、カニやエビなど鎧のような硬い殻に覆われた甲殻類も含めて、「魚介類」としているようです。

「魚貝類」については「魚」や「貝」の事を表すそうで、カニやエビなどの甲殻類は含まないことになります。
そもそも「ぎょかいるい」は漢字にすると判断できますが、口頭ではわかり辛くてややこしい言葉ですよね。

魚が部首になっている漢字の数

「鮭(さけ)」や「鮪(まぐろ)」など魚が部首になっている漢字ってたくさんありますよね。
寿司屋の定番の湯飲みで、魚を使った部首の漢字が一面に書かれている湯飲みなんかもあります。

それだけ魚を部首にした漢字は多いのですが、その数はなんと約700種類にも及ぶそうです。
漢字は中国から伝わったそうですが、中国でもここまで魚が部首になっている漢字は存在していません。

これは日本の食文化が寿司や刺身を食べる独自の文化であることから、魚を部首とした漢字が増えたことが理由となっています。
これだけたくさんの漢字がありますが、漁師や職人の方も全部の漢字を読めるかどうかは怪しいですよね。

以上が魚の雑学でした、いかがでしたか?

毎日が「今日は何の日?」

あなたやあなたの大切な人の誕生日は何の記念日ですか?

【今日は何の日?】365日雑学カレンダー!朝礼やスピーチのネタ帳
今日は何の日?という疑問をカレンダー形式で面白い雑学と一緒に紹介します。 朝礼やスピーチのネタなどに使える365日分の記念日と1000...

■今日は何の日?(4月13日)
決闘の日
喫茶店の日
水産デー

■明日は何の日?(4月14日)
フレンドリーデー
オレンジデー
椅子の日

■昨日は何の日?(4月12日)
パンの記念日
子どもを紫外線から守る日

スポンサーリンク



フォローする