2017年5月4日はみどりの日、由来と雑学を紹介【今日は何の日?】

みどりの日今日は何の日
5月4日の「今日は何の日?」は「みどりの日」です。
また「みどりの日」にちなんで「オランダではチューリップ・バブルがあった」「ヨーロッパではバラの栽培が禁止された時期があった」など植物にまつわる面白い雑学を紹介します。

今日は何の日?

10月17日は…

他にも365日分の記念日1000個以上の雑学を紹介していますので、朝礼やスピーチのネタとしてご活用ください。

【今日は何の日?】365日雑学カレンダー!朝礼やスピーチのネタ帳
今日は何の日?という疑問をカレンダー形式で面白い雑学と一緒に紹介します。 朝礼やスピーチのネタなどに使える365日分の記念日と1000...
スポンサーリンク

5月4日はみどりの日

今回は「みどりの日」について解説していきます!
「みどりの日」は「自然に親しむとともにその恩恵に感謝し、豊かな心をはぐくむ」事を目的として制定されている国民の祝日となっています。

現在は5月4日が「みどりの日」となっていますが、元々は4月29日が「みどりの日」でした。
4月29日は昭和天皇の誕生日であることから祝日となっていましたが、昭和天皇が崩御した事をきっかけにして、昭和天皇が生物学者であり自然を愛したことから4月29日は「みどりの日」となっていました。

その後は2007年より4月29日が昭和の日となったことから、「みどりの日」は5月4日に移動されることとなりました。
ゴールデンウィークを構成するために制定されている祝日なので、祝日がお休みの人にとっては何とも有難い日ですよね。

「みどりの日」には植物園や公園に出かけるなど、身近にある自然を楽しむ日にしてみてはいかがでしょうか?

スポンサーリンク

植物の雑学

今回は「みどりの日」にちなんで「植物の雑学」を紹介します。

オランダではチューリップ・バブルがあった

チューリップの生産国として有名な国といえばオランダですよね。
オランダではチューリップを国花として指定しているほどです。

そんなオランダでは歴史上でチューリップの球根の価格が異常なまでに高騰した後に暴落するという、チューリップ・バブルと呼ばれる現象がありました。
チューリップ・バブルと呼ばれるは現象は1637年に発生しました。

チューリップは短期間に生産することが出来ないという理由で品薄になりがちでした。
そのため、チューリップの球根については先物取引されていたのです。

金儲けのためにチューリップに目をつけた投資家によってチューリップは買い占められてしまったため、価格が一気に高騰する事態が発生しました。
時には家畜や食糧、または工場などの土地などとチューリップの球根が交換されたという話もあります。

しかし、チューリップの価格が一気に下落したため、チューリップ・バブルは崩壊し終了を迎えることとなりました。

ヨーロッパではバラの栽培が禁止された時期があった

日本人にも愛されているバラですが、実は中世ヨーロッパのころにはバラの栽培が禁止されていた時期があったって知っていましたか?
現在でもそうですが、当時のヨーロッパでもバラはとても神聖なものであり、赤いバラはキリストの血、白いバラは聖母マリアの象徴とされていたのです。

そのため中世ヨーロッパでは一般庶民によるバラの栽培は禁止されていたのです。
バラの栽培は修道院のみ栽培が許可されており、神様に捧げる薬草とするためのものでした。

バラの栽培が許可された際にはバラが一気に普及することとなりました。
一般庶民にとってバラという植物は神聖なものであり、憧れの花だったんでしょうね。

以上が植物の雑学でした、いかがでしたか?

毎日が「今日は何の日?」

あなたやあなたの大切な人の誕生日は何の記念日ですか?

【今日は何の日?】365日雑学カレンダー!朝礼やスピーチのネタ帳
今日は何の日?という疑問をカレンダー形式で面白い雑学と一緒に紹介します。 朝礼やスピーチのネタなどに使える365日分の記念日と1000...

■今日は何の日?(5月4日)
みどりの日
スターウォーズデー
ラムネの日
植物園の日

■明日は何の日?(5月5日)
こどもの日
立夏
端午の節句
おもちゃの日
わかめの日

■昨日は何の日?(5月3日)
憲法記念日
ゴミの日

スポンサーリンク

フォローする